« 面接交渉 | Main | 委員会 »

クレサラ相談

先日テレビを見ていたらクレサラ専門の弁護士が、弁護士の前に座りさえすれば必ず借金の問題は解決する、と言っていた。
それ以来、ときどきその言葉の意味を考えている。

破産の申し立てをしたい、お金はあるが弁護士費用は支払いたくない、という人がいて、それでは扶助協会の申請をするので必要書類をそろえてください、ということになった。
必要書類には財産に関するものも含まれている。
しかし、この人は、その資料は出したくないが、相談には行きたいと連絡をしてくる。

安定した収入はないが、自宅を残したいので破産はしたくない、個人再生がしたい、しかし、返済計画のあては全くない、という人がいる。
転職予定だというので、安定した仕事を見つけたら来てくださいということになる。

取引先から支払いを迫られている、弁護士に間に入ってもらいたいという人がある。
どういう返済計画があるのか、と尋ねてもさっぱり要領を得ない。弁護士は金融コンサルタントではない、どうやって返済するのかは自分である程度考えてもらわないと困る、現実ばなれした返済計画だと相手が同意しないので、弁護士が間に入っても無駄になる、と説明しても自分はどうしたらよいのか弁護士に相談したいのだ、と言う。

弁護士の前に座りさえすれば借金の問題は解決する・・・・・・どうしたらそんなことができるのだろう。

|

« 面接交渉 | Main | 委員会 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/1157957

Listed below are links to weblogs that reference クレサラ相談:

« 面接交渉 | Main | 委員会 »