« ご退官 | Main | 五月会研修会 »

一般相談

分館での一般法律相談。

ドラマ「白い巨塔」を見ているのかと錯覚するような相談者が来られた。
一審で敗訴し、控訴するかどうかの決断にあたりセカンドオピニオンがほしいとのことである。
30分の相談時間内で、控訴した場合の勝訴の見込みの判断は到底無理。
一般的な控訴審の話から始める。

判決文のいう「義務の存否」と「義務違反の存否」との違いは何か、弁護士から1審の傍聴に来なくてよいと言われたのはどうしてだろう、控訴するということは最高裁まで行くのだろうか、弁護士から控訴に必要と言われた印紙代とはどういう費用か、こういう質問にひとつずつ答えてゆくと、そのうち奥さんは泣き出した。
判決から数日、一番頼りになるはずの自分の弁護士に対してさえ不信感を抱いてしまい、一人で不安を抱えていたのだろう。

判決文を見ると相当数の弁護士が代理人となっている。
もう少し丁寧で親切な応対をしていれば、敗訴でショックを受けている依頼者をここまで不安な気持ちにさせることはなかっただろうに、と思う。

来てよかった、と言われると、セカンドオピニオンとしてのこうした相談場所の存在意義を痛感する。

|

« ご退官 | Main | 五月会研修会 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/1788006

Listed below are links to weblogs that reference 一般相談:

« ご退官 | Main | 五月会研修会 »