« 女性部会 | Main | 長期未済事件 »

若手会25周年記念

会派の若手会25周年記念パーティ。若手会予算でよくこんな会が開けたと感心してしまう。アトラクションの一つは劇団そとばこまちのお芝居。刑事公判の喜劇仕立て。よほど刑事事件の傍聴をしたのだろうな、と思わせるシナリオで、よくできているし、本質をついていると思わせる場面が散見される。
一つ気になったのは、検事、弁護人の法廷での立証活動を再現したシーンで、見ているこちらはその台詞で何を立証しようとしているのか推測ができるが、演じている彼らは、それを無意味な儀式を揶揄する場面として演じているらしいことである。裁判所、検察、弁護人は、相互に相手が何を立証しようとしているのかがわかるが、それを傍聴席に説明しようと思ったことはなかった。お互いがわかっていれば、それで目的は十分達成できるからである。
裁判員制度になれば、現在当然と考えていたことがそうではなくなる。ある事項を立証すれば、それが全体の中でどういう意味を持つのかを一つずつ説明する必要があることをあらためて認識した。

|

« 女性部会 | Main | 長期未済事件 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/2042186

Listed below are links to weblogs that reference 若手会25周年記念:

« 女性部会 | Main | 長期未済事件 »