« 起訴後の勾留期間 | Main | 遺産調停 »

祝日

選挙速報を眺めながら仕事していると依頼人から電話。
弁護士事務所を24時間営業と思っている人が結構いるのではないかと思ってしまう。

昨日研究委員会の委員長から、会誌に載せるための不正競争防止法部会の報告原稿を書くよう連絡あり。
(本来の)仕事のスケジュールがたてこんできているが、会派の執行部には、不正競争防止法部会が会員に研究成果を還元していないのではないかという意見があると聞いているため、活動報告書は書いておきたい。

研究成果をまとめた講演もないから貢献がない、との意見には反論したい。
議論に参加せず、報告担当もせずに年に1回程度一般向け講演を聴いて何ほどのものが身に付くのか。毎月開催場所を手配し、案内状を作成し、この分野に詳しい先生方に時間を割いて指導に来ていただいて、会員に勉強の機会を提供しているのだ。この機会を利用するかどうかは会員の意欲次第であり、勉強しない会員が多いから研究会が会派に貢献していないというのは筋違いだと思う。


|

« 起訴後の勾留期間 | Main | 遺産調停 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/1853060

Listed below are links to weblogs that reference 祝日:

« 起訴後の勾留期間 | Main | 遺産調停 »