« 新しい不動産登記研修 | Main | 医療過誤 »

58期

大阪で58期の弁護修習が始まった。
検察と弁護士のどちらを選択するかで悩んでいるという元気のよい女性修習生。何より法曹としての理想をストレートに語るのがいい。彼女と話しをしていると、私は理想を持っているか、それに近づこうとしているか、と自らを省みたくなる。
合格者の数が増え、過当競争時代が来るなどとも言われているが、こういうライバルなら大歓迎だ。検察官であろうが、弁護士であろうが、業界の将来を託せる人、我が国の司法の将来を託せる人がどんどん現れるといい。数が少ない時代の法曹が、多い時代のそれより質がよいなんて何の検証もされていないことだ。

|

« 新しい不動産登記研修 | Main | 医療過誤 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/2542533

Listed below are links to weblogs that reference 58期:

« 新しい不動産登記研修 | Main | 医療過誤 »