« 短期消滅時効 | Main | 第9刑事部 »

府立中之島図書館

立派な外観だし、そこそこの規模がありそうだと本を探しに立ち寄る。かばんをロッカーに入れて2階に上がるが、本が見当たらない。案内で尋ねると、ビジネス書と大阪府に関する書籍しか置いていない、この建物は文化財で改修のために本は移動させたとのこと。
古い立派な建物を大事に使うのは賛成だし、そのための多少の不便もかまわない。しかしそれは図書館としての機能があることを前提としている。ビジネス書ってこんな場所で利用者が多いのかしら。いっそ図書館以外の何か府民にとって利用価値のあるものに転用してはいかが。これでは単なる文化財であるところの箱。図書館も公会堂も外観は良いのに中がつまらない。それは古いからではないと思う。

|

« 短期消滅時効 | Main | 第9刑事部 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/2957672

Listed below are links to weblogs that reference 府立中之島図書館:

» 府立中之島図書館 [☆大阪百科☆ニュース]
中之島の市役所と公会堂の間にある図書館。明治37年に住友家の寄付によってつくられた。(大正11年に増築) 現在は東大阪の府立中央図書館と機能分担という形になっ... [Read More]

Tracked on 2005.03.31 at 09:24 PM

« 短期消滅時効 | Main | 第9刑事部 »