« 傍聴席 | Main | 大学の先生 »

春なのに

懸案の仕事も目処がたち始めたので、今日は控訴理由書の素案作成と商標契約の執筆準備に手をつけようかなあとのんびりしていたら、郵便が到着するころになって俄にあわただしくなる。
管財事件で裁判所に届出のない財産が判明。電話をすると何か言い訳をしているが、関係者に電話で問い合わせると話が食い違う。調査の必要あり。
そうしているうちに近弁連税務委員会の先生から、次回の税理士会との共同研究会で報告担当者を引き受けてほしいと連絡。今まで他の先生方の報告を聞かせていただいてばかりなので、たまには、と引き受けると、こんな設例あり?という問題。
二者択一で好きな方を選択してよいということなので、大学で専攻した国際私法関係の方を選ばせていただく。
某国石油王の子が日本に住所を有していて、石油王が死亡し財産を承継することになったが・・・・・?何だこれは。
某国独裁者の子が歌舞伎町が好きで日本に住所を有していて・・・・・・・・・・・(くわばらくわばら)。

|

« 傍聴席 | Main | 大学の先生 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/3431156

Listed below are links to weblogs that reference 春なのに:

« 傍聴席 | Main | 大学の先生 »