« 公証人 | Main | 続個人情報保護 »

共同参画事業

某市から男女共同参画に関する研究をしていれば登録をしたいとのでアンケートに答えるようにとの書類が届いたが、全く専門外なので放置していた。督促状が来ても無視していたら、わざわざ電話をいただいた。
男女共同参画は専門外であり、お役にたたないことを説明したのだが、それでもよいから登録をしてほしいとのこと。女性弁護士に相談をしたいという人がいるから専門外でもセンターに登録する意味はあるとの説明だった。
共同参画なら女性弁護士だけ登録させるというのはおかしいのではないかと思うのだが、あまりそういうことにはこだわらないらしい。
某市の女性センターでは、トイレの表示が漢字になっていた。文字以外の表示は観念の固定化につながるとでもいうことらしい。
男性弁護士に夫の不貞を相談したときに男は浮気をするものだと説明を受けたから女性弁護士に相談したいという人もおられる。「男性弁護士」が本当にそういう説明をしたのかなあ。

一般相談で自分が思うような回答を得られないときに、女性ならわかってくれるというのは大抵間違いだと思う。
家裁では女性の調停委員の方が女性に厳しい意見を言うとの感想をしばしば聞く。
弁護士業務で女性でなければできない仕事があるとは思えない。

|

« 公証人 | Main | 続個人情報保護 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/3713999

Listed below are links to weblogs that reference 共同参画事業:

« 公証人 | Main | 続個人情報保護 »