« 芸風 | Main | 離婚訴訟 »

学生気質

民法の教授の退官記念パーティ。ご出席のロースクールの先生方からロースクール、学部、法教育、要件事実教育等についての話をお聞きする。
司法試験受験生は、リスクは自分が負うものと思って勉強をしていた、というよりは、そもそも大学に受験教育を期待していなかった。
これに対し、ロースクールの学生は、スクールが与えてくれるものを消化していれば司法試験に合格できるという思いが強いらしい。中には自分たちのことを「生徒」と呼ぶ人もいるとのこと。スクールというネーミングがハイスクールを想起させるのかもしれない。
元をただせば、ロースクールの合格者の大半を司法試験に合格させようという計画だったはずだから、学生の思いこみもあながち一方的なものとは言えないのかもしれない。
しかし、現実はそうはならないかった。本来であればロースクールの定員を合格者に近い数字にした上で、限られた数の学生に充実した教育をするはずであったのに、そうはならなかった。
実務家を目指す学生さんたちである。現実にならなかった理想論と心中するようなことでどうする、と思う。試験に受かる受からないは自分だけのことであるが、試験に受かってしまえば、他人様の人生の一部をお預かりすることになるのだから。

|

« 芸風 | Main | 離婚訴訟 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/4341587

Listed below are links to weblogs that reference 学生気質:

« 芸風 | Main | 離婚訴訟 »