« 6月下旬 | Main | 梅雨時 »

家裁

家裁の裁判官。警察のストーリーを鵜呑みにしていたので、客観的証拠と合致しない点をあげておかしいと指摘すると、今度は証人尋問をして細かい事実認定がしたい、そのために観護措置期間を延長したいという。
そんなことまでしないと保護処分の決定ができないというのであれば、早期に証人尋問期日を入れればよかったのだし、現にそのための打ち合わせもしていた。
少年事件は細かい事実認定をする場ではない。それを前提に検察もおおざっぱな調書を送致している。もっともそれをいいことに警察は好き勝手しているようなのだけれど。
そもそも、と思う。
付添人がいて、警察のストーリーがおかしいことをある程度指摘できる事件にむきになって事実認定をするくらいであれば、付添人がついていない事件について、時間を割いて取り組んだ方がよくはないか。

|

« 6月下旬 | Main | 梅雨時 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/4746217

Listed below are links to weblogs that reference 家裁:

« 6月下旬 | Main | 梅雨時 »