« 台湾漁船 | Main | セキュリティソフト »

判例検索ソフト

判例検索ソフトのデモンストレーション。現在使用しているのと違うタイプで、使いにくいので好きではない。以前とは違うからみてほしいと言われたのだが、おまけは増えたようだけれど使い勝手は向上していないように見える。営業マンによれば、ロースクールをのほとんどはこれを入れているとのこと。
そのとき、こういうソフトが出回っているためか、と納得した。検索ソフトで結論の都合のよいものを選んだ下級審判決の要旨だけプリントアウトして並べ、引用した事案の内容も検討せずに準備書面を出す若手弁護士がいる。
先日ロースクールの先生と話をしていたら、今までは弁護士は法律の専門家だったが、最近の弁護士は単なる裁判所への書類の取り次ぎと思った方がよい、と言っておられた。取り次ぎというより素人の本人訴訟のようだけれど。

ここまで考えて、もしかしたら、と思った。これは高等戦術ではないか。
何しろ力の差は歴然といわれといる交通事故訴訟の保険会社の代理人である。保険会社の代理人は毎日たくさんの交通事故事件を扱っているので、たまにしか交通事故を扱わない被害者代理人とは知識、ノウハウに歴然とした差がある。
とすると、わざと学説・判例を知らないふりをして、自分に都合のよい判決を並べ、裁判所と相手方弁護士とを幻惑して勝訴に導くという高等戦術である。
そうでなければ、判例・学説の共通認識の上で弁論準備をしていた当方と裁判所との会話を隣に座っている相手方代理人は意味がわからずに聞いていたことになる。いくらなんでもそんなことはないだろう。
それにしても見かねてこの件に関して最高裁判決があることを示唆したら、通常引用されているものではない、それより古く、かつ自分に有利なことが書いてあるものを「判例」と称して提出してきたのだから念がいっている。

|

« 台湾漁船 | Main | セキュリティソフト »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/4493573

Listed below are links to weblogs that reference 判例検索ソフト:

« 台湾漁船 | Main | セキュリティソフト »