« 破損 | Main | 相互主義 »

貸金業者さんたち

多重債務者の事件を受任すると、借入先に受任通知を発送する。過払い金がありそうな所には、取引履歴の開示を依頼する。

大手のクレジットやサラ金さんは、破産といえば手続を待ってくれるし、履歴の開示を依頼すればファックスをくれる。
けど、受任通知が届いたらすぐに簡易裁判所に訴訟を起こす業者さん、しつこく数十万円の請求書を送ってきて返済を迫っていたくせに、取り引き履歴の開示を依頼したとたん「債権債務なし」、と手紙を寄越す業者さん、と対応もいろいろ。
サラ金さんの生態観察もおもしろいかも。

携帯番号だけのヤミ金さんは、電話すると、しばらくなんだかんだ言って、結局引き下がってくれた。
東京弁。こういう人はたいてい東京なのかしら。

ちょっと尊敬の念を引き起こすのは、小さな金融さん。
地元密着、相手の顔を見て貸し、生活の困難さの愚痴を聞き、返済の指導までする。
相手は高利貸しですよ、と言っても債務者が、ここには世話になったので迷惑をかけたくない、などと言う。
金融の原点。

クレジット会社は大手のサラ金さんやヤミ金さんより始末に悪いことがままある。
街金に近いかなあ。
米国でカード情報の大量流出のニュースを見ながら、いろんなことがあるものだなあ、と。

|

« 破損 | Main | 相互主義 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/4688072

Listed below are links to weblogs that reference 貸金業者さんたち:

« 破損 | Main | 相互主義 »