« 取引履歴 | Main | 知財研-権利侵害警告 »

交通部(大阪)

午前労働事件仮処分審尋問。午後交通部弁論準備。
交通部の裁判官は、近時発見されたことがらのように、争点は、逸失利益と過失割合ですか、と言われる。
争点がその二つであることは、昨年9月30日付で提出した訴状にわざわざ「争点」という項目を立てて記載している。
おっとりとしたペースに唖然とする。
それでは証人尋問をしましょう、と言われる。両代理人はしばらく沈黙する。交通事故の刑事裁判はとっくに終了しており、事故態様等は明らかであるため、いずれも尋問が必要とは考えていなかった。
それでも、裁判官がのんびりと考える時間を捻出するために、証人尋問のまねごとがしたいというのであれば、おつきあいするのが代理人の礼儀というものかもしれない。
このペースだと、さぞかし仕事がたまって大変だろうなあ、と他事ながらご苦労がしのばれる。
これに税金を支払っている日本の納税者はえらい。

|

« 取引履歴 | Main | 知財研-権利侵害警告 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/5077664

Listed below are links to weblogs that reference 交通部(大阪):

« 取引履歴 | Main | 知財研-権利侵害警告 »