« 信頼 | Main | 戦争と法 »

交渉術その1

友人から紹介された交渉術の本には、何を聞いても怒らないこと、と書いてあった。大切なことだ。いちいち怒っていては話が前に進まない。
早速練習しようっと。

女と一緒になって妻を追い出してその女と暮らし、そちらに様々な名目で金を渡しておきなながら病気で収入がないので妻と幼い子に一切生活費を渡せない、と主張し、さらに看病してくれているのは女だからと離婚を迫る破廉恥男。財産状態について嘘をつき、不動産をあちこちに隠し持っている・・・・・怒らない、怒らない。これはお仕事だもの。

自民党の議員さんが棚からぼた餅、歳費や議員宿舎、さらにJRのグリーン車に大喜び発言。
税金でこいつを養っているなどと考えるのはよくない。こういう方がおられるから、議員さんたちの赤裸々な暮らしぶりが我々にも伝わるのだと前向きに考える。

自民党議員さんがカバンガラガラで遅刻?セクハラで民主党をおやめになった?お気の毒に。東大卒なのにねえ。きっと政界からセクハラを追放するのに情熱を燃やしていただけるだけることだろう。合気道もおできになることだしお目付役か何かになって。前向き。

民主党元議員さんは覚せい剤?民主党がどういう方々をかき集めてこられたかがわかっていいなあ。これも前向きにっと。
練習の素材に事欠かない我が国の政界。それもこれも国民がお望みになったことだと思えば・・・。

|

« 信頼 | Main | 戦争と法 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/6048669

Listed below are links to weblogs that reference 交渉術その1:

« 信頼 | Main | 戦争と法 »