« 少年法 | Main | ロキソニン »

家事実務研究会発足

友新会太陽の塔見学会。朝起きて晴れていたのでほっとする。見学後の講演会、懇親会までつつがなく進行しますように。

友新会家事実務研究会第一回研究会。報告担当片山登志子先生。
豊富なご経験に基づき、親権に関する紛争に関してご報告。ドイツ、フランス、アメリカでは離婚後も共同親権になっているとのこと。
共同親権にすれば何の問題もなくにこにこ離婚、なんてことがあるわけがなく、どちらが子どもを引き取るかという日本と同様の争いをしているはずだと思うんだけど。
気持ちの問題としては、親権がなくなるのと、子どもはいないけど親権は奪われなかったというのでは多少の違いはあるかも。
離婚して、家族を失った上に親権までなくす、というのは大変な喪失感らしい。

研究会終了後、議論の内容を振り返ると、変な夫の話はいっぱい出てきたけれど、変な妻の話はなかった・・。
この国では変な若い男が増えているのだろうか?

23日日曜日、松田敏子リラクゼーションバレエ発表会。
同期の田中弁護士がジゼルのペザントを踊る。史ちゃぁん、応援にゆくからねーっ!

|

« 少年法 | Main | ロキソニン »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/6498813

Listed below are links to weblogs that reference 家事実務研究会発足:

« 少年法 | Main | ロキソニン »