« 再びネタ探し | Main | 会報(11月号) »

贈与

相手に返済能力がないことを知りながら貸金業者が多額の金を貸し付ける行為は贈与である。
こんなフレーズを法学部の学生のころに聞いたらそんな馬鹿な、と思っただろう。
弁護士になって数年して、このフレーズを知ったときには、これを考えだした消費者問題に取り組んでいる弁護士たちに尊敬の念を抱いた。

高齢の年金生活者に、高額な商品を次々とクレジット契約で買わせる業者がいる。
支払い能力がないのでもう買わないと断っても、手続きをしてしまっているからキャンセルできないなどと言って契約させる。
これを同じクレジット会社が信じがたく高額な手数料をとって次々とクレジット契約をする。

相手に返済能力がないことを知りながら貸金業者が多額の金を貸し付ける行為は贈与と評価されるべきだ。

|

« 再びネタ探し | Main | 会報(11月号) »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/7161075

Listed below are links to weblogs that reference 贈与:

« 再びネタ探し | Main | 会報(11月号) »