« 銀行 | Main | 宗教名称最高裁判決 »

訴訟救助

扶助協会の援助を受けて訴訟を提起するときに裁判所に印紙代を猶予してもらう手続をする。こちらが勝てば訴訟費用は相手方負担との判決になるから、裁判所は相手方から印紙代を取り立てるのだと思っていた。
判決で、訴訟費用の4分の1こちらが負担するようにとのことだったので、4分の1の額の印紙の納付でよいのかと思ったら、裁判所は全額納付するようにと言う。
印紙代は訴え提起時に原告が支払うもので、それを猶予しただけなのだから、判決が出たら全額支払え、という理屈だそうだ。
これでは何のために猶予したのかわからない。ちなみに裁判所が取り立て命令をするときには、原告に全額、相手方に4分の3を請求するのだという。?・・本当か?

|

« 銀行 | Main | 宗教名称最高裁判決 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/8318390

Listed below are links to weblogs that reference 訴訟救助:

« 銀行 | Main | 宗教名称最高裁判決 »