« 訴訟救助2 | Main | ロースクールと就職 »

裁判員制度まであと

強盗殺人でスピード判決との記事。

そして裁判員制度について埼玉弁護士会の資料配付を裁判所が阻止したとの記事。

裁判が早いからといって必ずしも間違っているというわけではないだろう。配布を阻止したのにもそれなりの理由があるのだろう。
しかし、国民の6割が嫌がっている制度を無理に押しつけている感はある。そしてそうまでしてこの制度を導入しなければならない理由がわからない。
大阪地検の記録閲覧室の扉には愛らしい裁判員制度のポスターが貼ってあるが(検事正お手製?)、弁護士と地検職員くらいしか見ない場所に何のために、と思うと同時に少し押しつけがましさを感じた。
一体、誰が何のためにこの制度を導入したのだろうか。もしかしたら、小泉さんの「思い出の事件を裁く最高裁」とかいうちょっとした思いつきで・・・・・・。

|

« 訴訟救助2 | Main | ロースクールと就職 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/8361381

Listed below are links to weblogs that reference 裁判員制度まであと:

« 訴訟救助2 | Main | ロースクールと就職 »