« 日本晴れ | Main | 亡国マンション »

日弁提言

晴れ。気温は下がる。

ヒューザー破産。
結構なことなのだけど、これとは別に欠陥住宅MLではむつかしい議論が飛び交っている。
いつもながら長くてむつかしい話が多いので斜め読みしているだけなのだが、どうしてこうなるのか私にはよくわからない事態が生じている。

民間に検査をさせたことに今回の事件の原因があるのかどうか、イーホームズに責任があるのか等の議論がなされているのだが、ヒューザーの破産開始決定がようやくなされたばかりであり、国会での伊藤氏の説明もまだなされていない。背後関係もわからない。姉歯さんがどうしてこのようなことをしたのかも明らかではない。事件の全容の解明にはまだこれからかなりの時間がかかるのではないだろうか。
そんな時期に、この事件をふまえて、新しい制度設計をするということは無理ではないだろうか。原因がわからないのに再発防止策でもないだろう。
疑問を感じているところに、日弁では民間検査機関の廃止と住宅検査官制度の創設を提言したニュースが入った。
何を急いでいるのだろう。どうして真相解明を気にしないのだろう。事件の真相を知っている人達が国土交通省にいて、一部の人は情報を持っているなどという事情でもあるのだろうか。それとも真相を解明されたくない人達が世間を急がせて事件にふたをするつもりなのだろうか。

|

« 日本晴れ | Main | 亡国マンション »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/8703091

Listed below are links to weblogs that reference 日弁提言:

« 日本晴れ | Main | 亡国マンション »