« ホーリー&ブライト | Main | 弁護士的話し方 »

お星様たち

友新会会社法勉強会第3回。だんだん用語も聞き慣れ、考え方にも馴染んでくる。
基本コンセプトはアメリカでできることは日本でもできるように、とのことだそうだ。
アメリカといっても州ごとに会社法が違うだろうから、そうするとアメリカでも一番ぬけぬけのマネーゲームに適した会社法をモデルにしたということだろう。
売ったり、買ったり、ばらばらに分解して売り飛ばしたりが簡単。
利益をため込んでいると狙われるから、さっさと配当して株価をつり上げてね、株主様もお喜びになるし、と条文が叫んでいる。
さらに、立法者はケイマンSPCは会社法の潜脱ではないとのご見解だそうだ。
既に日本で流通しているので、これを違法とすると混乱するかららしい。
ケイマン諸島ってカリブ海にあるあれ。ここの法律は、世界で一番個人の破産とその財産が切り離し安いので、個人資産を証券化するのに適しているとのこと。
会社防衛のための期間として1年間の猶予が付されている。
そのうち(株価の高い)マイクロソフト社が日本中の会社を買っちゃうかもね、ということらしい。

・・・・ということは、日本の会社をお星様のついたハゲタカたちのエサ状態にして、身を守りたければ自分でやってね、ということか。
誰がこんなこと思いついたのだろう。
タックルで浜田元議員が「ああ早く星の一つになりたい」と言っておられたのは冗談ではなかったということか。

|

« ホーリー&ブライト | Main | 弁護士的話し方 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/8783069

Listed below are links to weblogs that reference お星様たち:

« ホーリー&ブライト | Main | 弁護士的話し方 »