« クラブ活動 | Main | 会社法合宿 »

学生運動、あさま山荘そして記者会見十戒

晴れ、曇り、みぞれ、晴れ。めまぐるしいお天気。風は冷たい。

友新会講演委員会佐々淳行先生ご講演。肩書きから想像していたのとは違い、気さくでサービス精神旺盛で威張らない。頭の回転がとても早い。おしゃれ。

テーマは「弁護士のための危機管理」。
「記者会見十戒」、詭弁術の見抜き方と対処の仕方。
いずれも具体例があげられていて、あきない。いつまでも聴いていたい、と思うほど魅力的。

講演終了後、正副委員長他数名が先生ご夫妻と一緒に会食。
学生運動、あさま山荘などで話がはずむ。
第一次安保のときにフレンチデモをするかどうかで賛成派と反対派で議論したという話を披露されたM先生に届出をしたのですかと質問して全員から馬鹿と言われ、かつてヘルメットを被ってデモに参加していたT先生からアイスピックや硫酸で武装したグループに襲われかけたという話を聞いて、あぶないじゃないのと言って失笑をかう。
佐々先生は当時の機動隊の作戦の一端を披露される。明け方に当直に電気をつけさせ、エンジンを始動させて学生の偵察に検挙活動が始まると思わせて相手を眠らせないというもの。嫌気がさした人が脱落するのを待って相手の数を減らす作戦だそうだ。
とんでもない市街戦が展開された時代があったらしい。

先生のご活躍は本を読んで知っていたのだけれど、様々なエピソードを直接先生からお聞きできるなど想像もしていなかったので夢見心地。
T先生は、佐々先生をお見送りした後「セクシーだね」とT先生らしい一言。最高のほめ言葉なのだろう。

佐々先生の講演を生で聴くという数年来の夢を実現させてくださった友新会、山口幹事長、印藤委員長、講演委員会の皆様、どうもありがとうございました。
まるで夢のような数時間でした。
なお、佐々先生は、私のことを司法修習生かと印藤委員長に尋ねておられたと聞きましたが・・・ご冗談ですよね?

|

« クラブ活動 | Main | 会社法合宿 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

>とんでもない市街戦が展開された時代があったらしい。

リアルに当時の運動の一端に居たものとしては、歴史の彼方に消えていくのだな、と思うとこしきり。

Posted by: 酔うぞ | 2006.03.03 at 04:28 PM

佐々先生から、当時検挙した学生が大学教授になっていて、先日再会したら懐かしがられた、というお話を聞きました。
佐々先生ご自身が「40年も経てば」と仰っていました。

Posted by: 悠 | 2006.03.03 at 05:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18402/8923218

Listed below are links to weblogs that reference 学生運動、あさま山荘そして記者会見十戒:

« クラブ活動 | Main | 会社法合宿 »