« パネル | Main | 免責 »

サラ金と銀行と議員さん

水に落ちたイヌなど今更たたく必要ははないと思っていたら、テレビの解説で、サラ金のグレーゾーン金利の解消方法として、利息制限法内の利息まで利息を下げる方法と、利息制限法の利率を上げる方法があると言っていたので、その発想の豊かさにびっくりした。

サラ金の利息を下げるとなると、お困りなのは、サラ金をぱっくり飲み込んで、銀行系のサラ金です、などとわけのわからない宣伝をさせ、高利貸しをしている都市銀行だろう。利益を見込んで購入したのに、予定していた利益が上がらず、株主からサラ金なんかに手を出すからだと追及され、運の悪い(もしくは倫理や品位などどっかに置き忘れていた)経営者は訴えられることにもなりかねない。
どの銀行がどのサラ金と提携しているか知りたいなあと思っていたら、読売ウィークリーに素敵な相関表が掲載されていた。

議員立法。どなたがグレーゾーンを作ったのかも教えてほしいし、これから提出される法案に対して、どなたがどのようなご意見を主張されるのかも報道してほしいなあ。国民の財産を吸い上げる吸血鬼のお名前。もちろんそれなりのメリットがなければ、あえて火中の栗を拾うような主張はされないだろうから。

サラ金さんや銀行さんは、借りられない方が増えますよなどと恫喝しているようだが、信用が低くて借りられないとわかった人に、さらに高金利で貸すってどういうこと?それで鬼のような取り立てをするわけ?
それとも、取り立てなどせず、気が向いたら返してね、と言うことかしら。あるとき払いの催促なし。ほとんど贈与。
もともと返済能力のない人に高金利で貸し付けるメリットって、その人が破産したら、高額の利息を含めた金額を損金処理して、莫大な利益を少しでも圧縮するという計画的節税?

|

« パネル | Main | 免責 »

消費者」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« パネル | Main | 免責 »