« 公益通報者保護法施行 | Main | 年中行事 »

定款変更

裁判所のHPがリニューアルしていることに気が付かなかった。1週間も前のことらしい。
最高裁判例のチェックに時々見ていたくらいだけれど、リニューアルされてしまったら、どこまでチェックしたかわからなくなる。
とりあえず開けてみると、それ以前の問題で、最新判例の頁そのものがなくなっていた・・・・・。・・・さらに、なんだか読みにくくなっている。
1週間も前のリニューアルに今頃愚痴っても仕方がない。

会社法の制定を受けて、公開会社では平均100くらいの定款変更がなされるのではないかとの記事があったので、実例を見たいと思っていたら、ビール会社が3月30日に定時株主総会を開催、定款変更。
「利益配当金」を「期末配当金」とするなどの文言変更、会計監査人規定の新設など会社法がらみのものから、目的規定の追加という純粋な変更、さらには読点の挿入といった、この際だからという感じの変更まで多数。
株券を発行する旨の定めが新設されている。
整備法76条では、旧株式会社の定款に株券を発行しない旨の定めがない場合には、新株式会社の定款には、株券を発行する旨の定めがあるものとみなす、となっているが、このみなし規定を使わないことにしたと思われる。
ながめていると定款変更に携わられた法務部の方々のご苦労がしのばれる。


|

« 公益通報者保護法施行 | Main | 年中行事 »

「会社法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 公益通報者保護法施行 | Main | 年中行事 »