« 片山知事(鳥取県)講演 | Main | 天神さん »

災害

雨後曇り。

大阪はこの程度の雨ですんだが、九州、長野は大丈夫だろうか。
自衛隊員が胸までに水に浸かって住民を救助している映像を見るとどうぞご無事でと祈らずにいられない。
長野県の知事が防災担当大臣を出迎えたのを対立候補が非難しているとの記事に怒りを感じる。
知事が、住民の災害に際して前線で活動するのを選挙運動と非難するような感覚の持ち主を県民が首長に望むだろうか。
片山知事は、自治体の長をひどいと思ったら、それを選挙で選んだことを思い出そうという趣旨のことを言っておられた。
自分にふりかかることなのだから、選挙は慎重によく考えて。

週末に『外交敗北』(重村智計著)を読み終える。見かけよりボリュームがなく読みやすい。
私が総理と外務省に期待していたのが全くの的はずれであったことを知りあっけにとられた。
イラク派兵の見返りとして拉致被害者奪還への協力要請をしているだろうと思っていたのに、その要請をじりじりと待っていたのはむしろアメリカで、米に要請しないばかりか、そもそも北にも要求はしておらず、あげくに6者協議で拉致問題を持ち出すのは恥ずかしい?・・・・・・
嘘はつくが、要求はしない、交渉もしないのが日本の外交官?

何のために国交正常化をしようとしているのか理解に苦しんでいたのだが、著者の分析を読むと、そもそも理解すべき対象が存在しなかったのだとわかる。

|

« 片山知事(鳥取県)講演 | Main | 天神さん »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 片山知事(鳥取県)講演 | Main | 天神さん »