« 裁判長 | Main | 災害 »

片山知事(鳥取県)講演

雨のち晴れ。

鳥取県片山知事が大阪弁護士会館で講演。
この人が語ると地方自治が夢いっぱいのものに思えてくるから不思議。
テーマは「分権と自立の時代-問われる自治体の立法能力」

1時間余り、内容がぎっしり詰まっていてあきさせない。
国、官僚、日本一有名な人を含め他の自治体の長、他県の議会、大阪市、司法支援センター、と相手が誰であってもはっきり物を言うのはそれだけの実績と自負があるから。
人権救済条例については言及しないだろうとちょっと意地悪く考えていたら、ちゃんと織り込み済みだった。
これに関しては、鳥取県弁護士会がパブコメを求めた時点で意見を出してくれていたら、議会に注意するよう言っていたのに、専門家の意見を聞いてくれなかった等々。
率直に持ち出されると、うまくいかないときもあるよね、と言いたくなる。

根回しなしの議会、執行部と議会との適度な距離感とこれが民主主義で地方自治だという理念と実践。
鳥取県が編み出した条例改正手法は内閣法制局が勉強に来られたとか、条例に期限設定をしておくなど、様々な工夫とその成果。

話に引き込まれるとつい鳥取県で働きたくなってしまう・・・。

|

« 裁判長 | Main | 災害 »

講演」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 裁判長 | Main | 災害 »