« 自由と正義8月号 | Main | 過払い金返還等について »

台風は西へ

台風が西へ進路をとったので、今朝少し曇って風が吹いた程度で午後からは相変わらずの日差しに戻った。
お出かけ仕事の予定が午前でよかった。

少年事件で審判が近づいてくると、自分で考えさせるとかなんとか言ってられなくなり、気がつくとあれしちゃだめ、こんなことには気をつけて、などと口うるさくなっている。
概して鑑別所の職員は感じがよい。若い職員と少年がいるところを見ると、ちょっと年の離れた兄が生意気盛りの弟にものごとを教えているところのようにも見える。
社会資源の乏しい子どもの場合、ここを出るとまたあぶない環境に戻るわけで、よく気をつけるんだよ、自分のためだからね、としか言いようがない。

NBL839号の巻頭エッセイは「敵対的M&Aの進化、深化、真価」(渡邊顯)。
王子と北越を題材にし、メーカーによる同業他社への買収提案という点でファンド等のそれとは違う、日本製紙の措置を奇策と評するのはUFJ銀行の統合に対する東京三菱銀行と三井住友銀行の事例に学んでいない、など鋭い切り口とオーソドックスな結論で非常に安定感のある内容。

|

« 自由と正義8月号 | Main | 過払い金返還等について »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自由と正義8月号 | Main | 過払い金返還等について »