« 残暑はいつまで | Main | 破産部 »

崇敬?

晴れ。風が心地よい。今週ずっと雨との予報は・・・?

東京地裁で詐欺事件の判決
いや、こちらの記事の方が笑えるかも。

詐欺の被害者というのは、騙されている人であって、相手の言うことを嘘だと知ってそれでも金を渡したのなら詐欺の被害者ではない。
判決は、皇室、皇族を崇敬する参会者の心情に巧に付け入り、踏みにじり、と認定したとのこと。
?皇室、皇族を崇敬する人なら、こんなのにひっかからないと思うけど。「崇敬」まではしていない普通の人でもある日突然面識のない「皇族」から結婚式の招待状が届いたら、怪しむと思う。
金を渡すのは、日頃から自分は「皇族」に招待されて当然なのに、どうして招待されないのだろうと悩んでいる人だとか、よくわからないけどお近づきになっておけば何かメリットがあるかもと思っている人くらいじゃないだろうか。
検察が二度にわたり被害者を絞ったというのが笑える。どこで線引きしたのだろう。
もしかしたら不敬罪で起訴したかったのかな?

そういえば「板曼陀羅事件」というのもあったっけ。これは創価学会が信者に本尊として買わせた板曼陀羅が偽物だとして訴えられた事件。

|

« 残暑はいつまで | Main | 破産部 »

判決」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 残暑はいつまで | Main | 破産部 »