« 架空請求発見-「訴訟執行事務局」 | Main | 三角合併? »

危機管理のノウハウ

快晴。11月に戻ったようなお天気。御堂筋の銀杏は明るい黄色。

昨日は久しぶりにのんびりした日曜だったので「危機管理のノウハウ」(佐々淳行)を読み始める。
読み始めてすぐに、先日の本町塾の忘年会で、H先生から孫子の「兵法」を読むように勧められていたことを思い出す。
孫子も読みかけてどこかに置いたままだから、それを探そうかとちらっと思ったが、「危機管理のノウハウ」の方が読みやすいし、実例は日露戦争、クトゥゾフ将軍、ナポレオン、東郷元帥、ヒットラー、南雲中将とわかりやすい。内容は似たようなものだろう、H先生だって「危機管理のノウハウ」を読んでいらっしゃったらこちらを推薦されていたかもしれない、などど勝手な理屈をつけてそのまま読み続ける。

「危機管理のノウハウ」の一つに、話をしたくない相手と話をすること、というのが出てくる。
ちょっと耳が痛い。1週間以上前に回答書を添えて返信してほしいと手紙を出しているのになしのつぶての相手がいる。どうして回答書を返送してくれないのか聞いてみなくてはと思いながらずるずると連絡をしていない。
朝一番で担当者に電話をして、1週間前にお手紙を差し上げているのですが、と言うと、受け取っていないととぼけられた。
電話をしてよかった。次の手を考えなくては。

|

« 架空請求発見-「訴訟執行事務局」 | Main | 三角合併? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 架空請求発見-「訴訟執行事務局」 | Main | 三角合併? »