« 師走後半 | Main | 4人目 »

不正競争防止法(ソフトウエア)

晴れ。昨日は、不正競争防止法研究会に出席していたので、コンサートの様子は見ていないが、盛況だったとのこと。よかった。

研究会では、レース編み機のソフトウエアの差し止め請求事件。
ソフトウエアが同一かどうかはアルゴリズムを比較して検討している。
侵害行為を組成した物の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却も請求しているが、問題となっているレース編み機がどんなもので、ソフトウエアをどうやってそれに使用しているのかさっぱりわからないので、何を廃棄せよと請求しているのかわからない。
もっとも、裁判ではアルゴリズムを比較して、多くの点で異なると判断されているので、廃棄請求は問題とならなかったのだろう。
ところで、相手方のアルゴリズムは訴訟を提起する前に入手できたのだろうか。それとも訴訟を提起した後で相手方から開示を受けたのだろうか。
後者だとすると、訴訟提起後に類似かどうかの検討をすることになる。

訴訟を提起する側の気持ちもなんとなくわかる。自分が発注したのと同じ機能を持つソフトを制作会社の元従業員が販売していたら、自分のアイデアが盗まれたような気がするのだろう。
通常発注者は、ソフト開発の技術を持たないので、こういうものがほしいという要望を述べ、使い勝手について注文を出すのだが、これをしたからと言ってソフトの技術を提供したわけではない。
技術者が、既に有していた技術を使い、又は新たに考案した技術を用いてソフトを開発したのであり、その後その技術者が別のアルゴリズムで同じ効果のあるものを作成したとしても、発注者は何も盗まれてはいない。

マイセンの陶器を開発した技術者を発注者の王様が一生幽閉し、その秘密が外に漏れないようにしたという話を思い出した。
会社が自分で優秀なソフトウエア技術者を育て、一生自分の会社で働いてもらうように遇するなら、何も外に流れはしないのだが、それで採算がとれるかというとむつかしいのではないだろうか。

|

« 師走後半 | Main | 4人目 »

「知財関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 師走後半 | Main | 4人目 »