« 耐震偽装シンポジウム | Main | 地方自治法 »

建築士の先生方のご懸念

晴れ。暖かい。

昨日から建築士の先生方がML上で意見交換していらっしゃる。
1年間よく持ちこたえたという感想を読むと、ずっともやもやしていた耐震偽装がついに明らかになったということに快哉を叫びたくなるが、反面、憂鬱な気分になるご意見も書かれている。
今回の発表は独立系民間検査機関狙い撃ちではないのかとのご懸念だ。

前回、大山鳴動したあげく姉葉さんの単独犯行とされたときには、これって何?、刑事裁判を茶番に使うなと思ったし、耐震偽装と関係がないと明確にされたにもかかわらず、マスコミがイーホームズを耐震偽装に関連付けて報道していたのにはうんざりした。
今回も同様に、少しだけ発表して国民の鬱積したもやもやを国が晴らした体裁だけ整え、ついでに目障りな独立系検査機関をつぶしてしまおう、という計画だとしたら、おそるべし国土交通省、というか、連続して国土交通省をキープしている公明党というか、あるいは現政権というか、一体誰がこんなにおつむがよいのだろうと考えると余計にもやもやしてしまう。

|

« 耐震偽装シンポジウム | Main | 地方自治法 »

「建築」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 耐震偽装シンポジウム | Main | 地方自治法 »