« 建築士の先生方のご懸念 | Main | 隣接業界用語 »

地方自治法

晴れ。暖かい。

来週の本町塾に向けて地方自治法のレジュメを作成している。
何が書いてあるかも知らなかったのだが、読み始めると面白い。
担当は第6章の議会と第7章の執行機関なのだが、議会と首長との関係あたりは条文を眺めているだけでもエキサイティングでスリリング。
自分が知事なら、または市の顧問弁護士ならと想像する。
豪雨で大きな被害が発生したのに議会が災害対策費を否決したらどうするか、議長が家族名義で経営する建築会社が公共事業を受注しているのを発見したらどうするか、あるいは第三セクターの事業が破綻したら・・・・。
受験生のころ、地方自治は憲法に書いてある程度しか勉強せず、観念的にしか理解していなかったが、地方自治法は具体的でおもしろい。こんな世界を教えてくださるH先生にあらためて感謝。

|

« 建築士の先生方のご懸念 | Main | 隣接業界用語 »

行政法」カテゴリの記事

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 建築士の先生方のご懸念 | Main | 隣接業界用語 »