« 西村議員無罪判決 | Main | 独占禁止法研修(石川先生) »

消費者支援機構関西

曇り。暖かい。

会派幹事会のトピックは、「消費者団体訴訟」。
消費者支援機構関西の副理事長片山登志子弁護士から概要説明。
東京スター銀行と関西アーバン銀行のなした「おまとめローン」の広告に対して申し入れを行った等の活動を報告いただく。

地下鉄に張ってある「おまとめローン」の広告を見るたびに違和感があった。
多重債務者の相談を聞いていると、債務者を一本化したというのがときどきでてくるのだが、それのどこにメリットがあるのか聞いていてもよくわからない。
実際メリットのあった事例にもお目にかかったことはない。
そこまで追いつめられているのなら、弁護士に相談した方がよほど解決に近いのに、と思う。
某サラ金では、他からの借り入れをすべて返済するだけの資金を貸すと言って、親族の不動産に担保をつけさせたりもする。
そうなると債務者だけでなく親族まで巻き込まれ、不動産を失うことになる。

話題になった2行のおまとめローンは、利息制限法を超える金利のままで計算して貸し付け、返済をさせているので、全く債務整理になっておらず、しかも利息制限法を超える金利を支払ったという事実を見えにくくしてしまう。
違法な金利を合法な貸し付けでカバーするというのだから、マネーロンダリングの一種のようにも見える。

消費者支援機構関西では、問題のある約款を使用している業者への申し入れをネット上で公開している。
この業者大丈夫かな、と思ったらここでひっかかっていないかチェックするという使い方もできそうだ。
ただし、カバー範囲は関西一円。

|

« 西村議員無罪判決 | Main | 独占禁止法研修(石川先生) »

消費者」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 西村議員無罪判決 | Main | 独占禁止法研修(石川先生) »