« お上のお仕事 | Main | 政府は経済制裁を強化すべきだ »

Eコマースバンキング戦略

晴れ。冷え込んでいる。せっかく寒くなったのに梅がほとんど散ってしまっているのが惜しい。

中学・高校の同級生が著書『Eコマースバンキング戦略』を送ってきてくれた。編者の一人になっている。
2000年の発行。昨年12月に卒業以来初めての同窓会があったので、思い出してくれたんだろう。
・・こんな仕事をしていたのか・・・。
企業間電子商取引、金融業のビジネスモデルと言われてもさっぱりなのだが、せっかくの機会なので、異世界にも触れてみよう。
世の中には知らない世界がたくさんあるなあ。
私が利用するのはせいぜいインターネットバンキング程度。

そういえば、随分以前に日興ビーンズとか言ってインターネットで株取引ができるようなパンフレットをもらったことがあったっけ。あれも日興証券と一緒にシティグループにいっちゃうのだろうか?
証券取引が自己責任とはいうものの、実際には、企業の業績を熱心に研究して投資するひとより、なじみの証券マンがすすめるので、という理由で購入する人がほとんどだと思う。
インターネットでの株取引だと、担当者の口車にのせられる危険もないし、顧客も自己責任による投資ということを認識できるはず。まさか担当者が横からこの株が絶対に上がるとか言っていないだろうし。
これとは対照的にぎょっとしたのは先物取引がネットで取引できるようになっているのを知ったとき。
そもそも先物取引がどういうものかを顧客は理解しているのだろうか?
私の尊敬する某裁判官は、(一般人にとって)先物取引って詐欺でしょう?ちゃんと仕組みを説明していれば、取引する人はいませんよ、と仰っていた。
先物取引よりは、ルーレットなんかの方がまだましだと思う。ギャンブル以下・・・・。


|

« お上のお仕事 | Main | 政府は経済制裁を強化すべきだ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お上のお仕事 | Main | 政府は経済制裁を強化すべきだ »