« 魔術師のいた夜(友新会総会) | Main | 特許と独占禁止法 »

不信感

晴れ。暖かい。

茨木市の病院が診療報酬の水増し請求で保険医療機関の指定取り消しとの記事。
2003年1月から2004年8月の間に2000万円を超える不正請求をしたとのこと。

記事には不正請求分は4割の加算金をつけて返還させると書いてあるが、保険指定の取り消しで病院の経営は苦しくなるとも書いてある。
病院が騙し取った金は、国民が支払った健康保険料だ。本当に返還されるのか?
社会保険庁は任意の支払いがない場合には裁判を起こしてでも回収するという意思はあるのだろうか。それとも請求すると発表しておけば国民は現実に回収されたかどうかまで気にしないだろう?
2003年1月から2004年8月となっているが、これは調査した範囲で、それ以前の分も調査すれば、さらに被害金額は増えるのではないのか。
不正請求なんてめったに見つからないだろうから、4割くらいの加算金がつけられても結局はやり得ではないのか。

ヘルパーを水増ししていてた上に、入院患者がいるにもかかわらず医師も最大で50時間不在だったとのことなのだが、診療報酬って医師が常駐しているのを前提に決められているのではないのか。この分も実質的には水増し請求になるのではないのか。

などなど、病院に対する怒りをかきたてようとしてみるが、なんだか医療機関が不正請求をするのは当たり前で発覚したのは運が悪かったのね、という気持ちが心の底にあって、あまり怒る気になれない。
おかしいなあ。

|

« 魔術師のいた夜(友新会総会) | Main | 特許と独占禁止法 »

Comments

東京第七家信用ブランドコピー時計の実体の店
ブランドコピーバッグの誠実と信用の店、
24時間以内に出荷し、3~4日に到着して、
当社の販売のさまざまな国際ブランド、
ルイヴィトンバッグ、エルメスコピー、
ロレックスコピー、オメガ コピー、
シャネル時計コピー、ブランドコピーバッグ、
当社は誠心誠意あなたのためにサービス、
バッグ,財布&小物専門店 https://www.cocolv020.com/wallet/product-23636.html

Posted by: バッグ,財布&小物専門店 | 2020.06.24 10:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 魔術師のいた夜(友新会総会) | Main | 特許と独占禁止法 »