« 実務研修会(知財) | Main | 独占禁止法研究会(旭鉱末事件) »

循環取引の目的?

晴れ。昨日の雨とうってかわって晴天。気温があがっている。

加ト吉の循環取引が新聞で大きくとりあげられている。
大学の国際取引法の授業かゼミで石油の循環取引を初めて知ったときは、何のためにこんなことをするのかと思った。
石油は一滴だって移動していないのに、商社間で順ぐりに売買されて最後は最初の売主が買主となっている。
売買の都度手数料が加算されているので、最終的には自分が売ったものを高くで買っているはずなんだけど。
最終的には、割高になった分を消費者がかぶることになるはず。

売った相手が支払い不能となっても、自分は売り主から代金を請求される。
買い主から代金を受け取れないので、自分も代金が払えなくなっているし、ももともと石油なんて受け取っていないから商品を返すこともできない。
代金を払えと訴えられたら、循環取引だと知っていただろう、と言ったところでどうしようもない。

循環取引って間に入った会社に手数料を稼がせる目的でしているのかと思っていたら、新聞記事によると売上高を多くみせるためとのこと。
売上高が増えているといったって、同じ商品を売って買ってを繰り返しているだけだから、利益は薄くなっているはず。
株価を高く維持するためというような解説が書かれているが、株価って利益ではなく、売上高で決まるものだったのか。

|

« 実務研修会(知財) | Main | 独占禁止法研究会(旭鉱末事件) »

Comments

はじめまして。コンピュータ関連の会社でサラリーマンをしているものです。
IT業界も循環取引による有価証券報告書の訂正があとを絶たない業種で,私も仕事がら,何件かの事件の詳細を知ってます。
メディア・リンクス事件,NECの子会社,最近ではIXIが破綻し,日本IBMも元社員が複数の事件に関与しているとの噂もあります。
悠先生がおっしゃるとおり,株価は利益だけでは決まりません。売上の伸びのほうが,投資家のうけはいいみたいです。増収減益のほうが,減収増益よりも喜ばれるような感じです。
また,IT業界では,「架空循環取引」がほとんどであり,架空ですから,利益はいくらでも増やせます。普通は,資金が行き詰まって,スキームが破綻し,事件が露見するという道のりをたどります。しかし,IXIの事件では,東京リースが資金を提供し続けたために,ずいぶん長く続いたようです。

Posted by: TENPOINT | 2007.04.27 at 07:08 PM

ご教示ありがとうございました。
株主は配当に興味があるのかと単純に思っていたのですが、配当ではなく売却益を期待して株を購入している場合を考えると、会社の売上げが伸びて知名度が上がった方がよいということなんでしょうね。

Posted by: 悠 | 2007.04.29 at 01:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 実務研修会(知財) | Main | 独占禁止法研究会(旭鉱末事件) »