« 月刊大阪弁護士会3月号 | Main | 総合力と気迫の防衛 »

学習能力に関する疑問

晴れ。春先のようなお天気。なんだか今年の冬はちぐはぐ。

出勤前に10分ほど余裕があったので『なぜ株式投資はもうからないのか』を読み始める。
「まだ株式投資してないけど、ヤバイですかねえ」という会話から始まる。
ヤバくない、という説明なのだけれど、そもそもこんな会話を本当にこの国のどこかでしているのだろうか。まるで20年前にタイムスリップしたみたいだ。
会社で働いていたころ、誰それが何々でいくら儲けたらしいなどという会話が日常的に周囲で飛び交っていた。その後弁護士になり、購入したときは高額だっただろうがただの紙切れにすぎないゴルフの会員権やらリゾートの会員権を何枚か手に取り、そもそもローンを組んだのが間違いだろうという住宅ローン破産をいくつか見た。
投資信託?株式投資?投資は資産の3分の1以内で?その住宅は本当に必要ですか?
なんで今更こんなことをさも新しいことのように言っているのだろう。
上記の会話をしているのは30代だろうか。彼らの親の世代はバブルに踊り、紙切れを高額で掴まされたのではなかったのか。
ヒトって学習しないのか?
それともこの本はファンタジー小説なのだろうか。

|

« 月刊大阪弁護士会3月号 | Main | 総合力と気迫の防衛 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 月刊大阪弁護士会3月号 | Main | 総合力と気迫の防衛 »