« 愛知立てこもり事件に対する佐々先生のコメントを読んで | Main | 生駒市長さん »

法律相談企画(広報委員会)

晴れ。予報ほど気温は高くない感じ。
中年音楽狂さん推薦のCDをアマゾンで購入したと書いたら、そのCD(輸入版?)は高価だから、キャンセルして同じ内容の日本版を注文しなおしたらよいとのアドバイスを受ける。こまめなフォローというか、なんてめんどうみがよいのだろう。

広報委員会では憲法の日の無料法律相談や法の日の無料法律相談と講演会を今後も継続するかどうかが議題となっていた。
今まで大阪府と大阪市から補助金各17万円が出ていたが、これがなくなるとのこと。
市役所の法律相談だともともと無料だし、司法支援センターの法律相談も無料だし、弁護士会だってサラ金相談は普段から無料にしているから、法の日の無料相談というのはあまりインパクトがないかもしれない。
相談件数の一覧表を見ても、5月12日のセンターでの相談は19件にすぎない。なんばで13件だから、合計しても32件。

休日に弁護士を動員し、弁護士が支払っている会費から予算を支出しての活動なんだから、何かもっと広く市民のお役にたつ企画にしたいなあ。
それにしても司法支援センターと弁護士会との棲み分けがよくわからない。
もともと弁護士がほとんど存在しなかった場所に作るならともかく、従前から活動している場所に新たに設置するのは無駄じゃないかと思う。その分過疎地に回した方がよいのでは?


|

« 愛知立てこもり事件に対する佐々先生のコメントを読んで | Main | 生駒市長さん »

「委員会」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 愛知立てこもり事件に対する佐々先生のコメントを読んで | Main | 生駒市長さん »