« 子どもの性格、大人の人格 | Main | 国保と過払金に関する某大新聞社の記事 »

住宅センター相談会2

曇りときどき雨。ようやく梅雨に入ったらしい。

日曜の午後1時30分からの住宅センター法律相談会に参加。
1時10分ころに着くと、既に1時30分の予約の人が待っているということで、1時15分にスタート。
1時30分ころに相談が終わる。
今までの経験からすれば、ここの相談者は予め予約をいれていた最初の人が一人だけということが多い。
ということは、1時30分スタートの相談会は、1時30分には終了し、その後小部屋で一人5時まで座っているということか・・・。
ちょっと、というより、かなり寂しい気持ちで空を眺めたりしていたら、3時ころに女性が一人相談に来られる。
いそいそとお迎えしたのに、なんだか雰囲気が変。第一声が、あなた弁護士ですよね。
?????
相談内容を聞くと、弁護士Aが虚偽の説明をして相手方に不動産を売却したらしく、相手方の弁護士BがAの説明に基づいて調停を申し立て、彼女が証拠の書類を調停委員に見せると、確かに相手方の言い分はおかしいと言うことになり、そうすると、相手方の主張の内容が変化し、彼女がそれにさらに回答をしても、弁護士Bがわざとすり替えたようなことしか言わないのでまいっている、とのこと。
調停事件への対応を説明するとともに、弁護士に対してお腹立ちなら、弁護士会には市民相談窓口がありますが、と言うと、既にそこにも予約はいれたが、これだけ弁護士たちにわけのわからないことをされると、市民窓口に行ってもまた別の弁護士が身内をかばってうやむやにするのではないかと思うと、怖くて行かなかったとのこと。
そこまで言われると、どうしようもない。
が、とりあえず、最初の妙に身構えたような雰囲気の理由はわかった。
どうせ次の人なんて来ないだろうと1時間ほどかけて、調停制度の説明や、相手方の主張に対する反論の仕方などを説明していると、彼女の機嫌も随分よくなってきたようで、市役所の相談は30分と言われて立ち入った話ができなかったが、ここはゆっくり時間がとれてよい、と喜ばれる。
こちらとしては予約が少ないのを喜んでよいのかどうかは知らないが、目の前の相談者が喜んでくださるとつられて嬉しくなり、つい、ここの相談会はよいですよ、と宣伝までしてしまう。
それにしても、虚偽の説明をして不動産を売った弁護士もひどいが、相手に弁護士がついていないことをよいことに、適当な対応をしてごまかそうとするなんてひどい弁護士だ。
本当にこんな活動をしている人達がいるなら、めんどうかもしれないが、市民窓口に相談に行ってほしかった。

|

« 子どもの性格、大人の人格 | Main | 国保と過払金に関する某大新聞社の記事 »

「法律」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 子どもの性格、大人の人格 | Main | 国保と過払金に関する某大新聞社の記事 »