« 瑕疵担保法(欠陥住宅研修) | Main | 明日の司法、今日の司法 »

家族法改正PT始動

晴れ。お昼前に雨雲が広がったが雨に至らず、結局晴天。暑い。
それでも少し秋の気配を感じる。秋の気配とどうか関係するのかわからないが突然「君はマグノリアの花の如く」が聞きたくなり、iTunesStoreで購入。「君のやさしさ胸にしみる」のフレーズとスカーレットがどうしても結びつかないのだけれど、そういうことを別にすればとてもロマンチックで好きな歌だ。

家族法改正PTが発足。もっぱら嫡出推定規定と生殖医療(母子関係の成立)が問題となるようだ。
東京弁護士会からは、嫡出推定規定の改正案が提案されている。
事実をよく知っているのは当事者だから、当事者に父親欄の記載を決めさせようというのが基本のようだが、当事者というのは母親のことで、そうすると、子どもの法律上の父は、母の意思によることになってしまう。
現在の法律の規定は、子の福祉の見地から、子どもになるべく法律上の父があるようにしようというものであって、全く考え方が違っている。
どのような改正をするにせよ、現在より子どもに法律上の父がいないケースが増えるのは避けるべきではないかと思う。
経済的に困窮した母親が幾ばくかの金をもらって、子どもの父欄を空欄にすることも考えられる。
そもそも父子関係は、子の権利であって、母の意思で決めてよいものかがよくわからない。
もっとも、自分の気に入らない男の名を書いて出すくらいなら、子どもを無戸籍児にするという人がそこそこの数いらっしゃるというのが問題の発端のようだけれど、そういうケースを基本にして法律を改正して不都合が生じないかどうか検討したのだろうか?

生殖医療については、出生によって成立するとされている母子関係を根底から覆すのか、覆すとするとどのような要件でするのか、そもそも覆してよいのか、という問題がある。
少なくとも、法律が甘い場所を選んで子どもを作り、それをスタンダードにしてくれと主張する人がいるからといってはいそうですか、とすんなり改正するわけにもいかないだろう。

こんなことを書いているところに電話。20日に調停修習があるので、調停員役で参加してくれというもの。
家事調停で、修習生が代理人役とのこと。本人も来るのですか、と半分冗談で聞いたら、本人役もちゃんとあるということでキャストを聞くと、夫役、妻役とも極めつきうるさそうな・・・・・・・。


|

« 瑕疵担保法(欠陥住宅研修) | Main | 明日の司法、今日の司法 »

家事事件」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 瑕疵担保法(欠陥住宅研修) | Main | 明日の司法、今日の司法 »