« 免責観察型管財事件 | Main | 地方自治法(住民監査請求の条文構造) »

欠陥住宅ネット事例研究会(酢酸ブチルほか)

晴れ。秋晴れ。爽やか。

夕方冷蔵庫から2リットル入りの水のペットボトルを出して机の上に置いていたら、ごと、という音がして、ボトルの中が何かおかしい・・・不気味。
ボトルの外側から見てもよくわからない。多分、かなりの大きさの氷が浮かんでいた・・・と思う。
もしかしたらボトルの底に氷ができて、それが暖まってはずれて浮かんだ音?
どうやったら冷蔵庫の中でそんな風にボトルの水が凍るのだろう??
冷蔵庫の中を確認すると内壁に氷が分厚くついている。おかしいなあ。冷蔵庫なのに。。。

いつまでも冷蔵庫の相手をしているわけにはいかないので欠陥住宅ネットの事例研究会に行く。
けど、印刷物を見ると左目が痛くなり、結局目をつぶって報告を聞いているか、配布物以外のものをぼんやり見ながら話を聞くことになってしまった。
最初の報告は建築士からで、弁護士と共に被害者側で事件に関与し、調停で1年半で解決した事案。1年半で解決したということがとても嬉しい、このくらいの期間で解決するなら、またこういう事件に関与してもいいな、とのこと。
肝腎の事案はと言えば、3階建て住宅で、最初の図面と違う構造の建物になっていて、中間検査も完了検査も受けておらず、というか受けたら検査を通らない建物で、揺れるというもの。配筋が少なく、コンクリートのかぶり厚が不足し、床スラブが入っていない。取り壊して建て替えを要求していたのだが、結局2階の床をはがして鉄骨をつないで補強することで和解成立。和解ならともかく、判決でこんな解決が認められたら業者はやり得という意見が出される。
次は、弁護士から最高裁判決の紹介。高裁が不法行為の成立は違法性が強度な場合に限るとしたのを、最高裁は、そのような場合に限定すべきではなく、建物の基本的な安全性を損なう瑕疵がある場合には不法行為が成立するとした。例としてバルコニーの手すりの瑕疵で、居住者が転落の危険があるような場合が挙げられている。
どの程度の瑕疵で「基本的な安全を損なう」となるのだろうか、これは不法行為の成立をかなり限定するものなのか、広く認めるものなのかでひとしきり意見交換がなされる。すでに訴訟において建築会社から基本的な安全を損なうものではないとの抗弁が出されている例があるとのこと。
最後は、リフォームで過敏症が起きたが、原因が高濃度の酢酸ブチルかどうかという事案。保健所の検査で、高濃度酢酸ブチルが検出されたが、これが過敏症を引き起こすとの科学的データがないとのこと。
既製品の床板を使用したのだが、通常は工場で数か月保管されているものを使用するのに、これはできたてを使用したので、十分に乾いていなかったのだろういうことだった。
過敏症は個人差があるのだろうか?もしかしたら精神的なものも影響するのかもしれない。
その他、従前の建物の基礎を次の建物の基礎に流用した、と思っていたら、実は従前の建物の基礎のように見えていたものは建物の基礎ではなく、擁壁の底板だったという事案。

世の中にはいろんなことが起きるものだ。


|

« 免責観察型管財事件 | Main | 地方自治法(住民監査請求の条文構造) »

「建築」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 免責観察型管財事件 | Main | 地方自治法(住民監査請求の条文構造) »