« 4連休初日 | Main | 判例体系 »

危急時遺言の確認

晴れ。昨夜の雷雨がうそのようだ。

遺言相続センターのマニュアル案を見ていたら、「危急時遺言の確認」というのがあった。
危急時遺言というものがあることは知っているが、実際に作ったことも作りたいという相談を受けたこともない。その「確認」って何だろう?

民法976条。死亡の危急に迫った者の遺言。特別の方式の項目の中にあるから、方式の一つなんだろう。
ちなみに、960条では、遺言はこの法律に定める方式に従わなければすることができない、となっている。

危急時遺言というのは、死亡の危急に迫った人の遺言なのだが、証人3人以上の立ち会い、遺言の内容の口授、証人の一人がこれを筆記して読み聞かせ、各証人が正確なことを承認した後、署名、押印する、となっている。
それで、4項に、この遺言書を遺言の日から20日以内に家庭裁判所で確認を得なければ効力を生じない、とされている。
裁判所が確認するのは、遺言者の真意に基づいて作成されているかどうかということなので、本人に面談するのが確実なんだろうけれど、多分立ち会った証人にそのときの状況を質問して確認するのだろうなあ。
だって裁判所が確認のために面談するくらいなら遺言時に公証人が面談して公正証書遺言が作成できるもの。
なお、裁判所が確認をしても別途検認手続は必要とのこと。

ところで、死亡の危急に迫っている、ってどのくらい迫っているときのことを言うのだろうか?
983条では、危急時遺言をしたときから6か月生存したときは効力を生じないとなっているところから考えると、余命6か月以内のことだろう。
病気の種類にもよるのだろうけれど、余命6か月なら、自筆証書遺言や公正証書遺言の作成が可能な気がする。
それでもこちらの方式を選択するというのであれば、それはそれでかまわない、ということなのだろうか?
この規定のできた明治のころと現代とでは医療が大きく違っていると思うのだけど。危急時遺言の需要は今でもあるのかなあ。


|

« 4連休初日 | Main | 判例体系 »

相続」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 4連休初日 | Main | 判例体系 »