« 片山元鳥取県知事 | Main | カタカナ語を理解する偉い人たち »

不正競争防止法研(共同の取引拒絶)

曇り。雨でも曇りでも晴れても日本の5月は気持ちがよい季節だ。

不正競争防止法研究会の今年のテーマは「不公正な取引方法についての検討」。
2条9項1号証には、「不当に他の事業者を差別的に取り扱うこと」となっている。
これだけでは、何が不当な差別なのかよくわからない。公取の「不公正な取引方法」の告示では16項目が不当な差別として挙げられている。
ということで、初回は16項目のうちの1番「共同の取引拒絶」。
F先生が「共同の取引拒絶」が問題となった事例をいくつか紹介される。

その1 タクシー会社多数がチケット会社を設立し、運賃を安く設定している3社にはその会社のチケットを使わせなかった事例。
その3社でチケット会社を設立して、チケットを発行すればよいのに、と思うんだけど?
客だって安い方に乗りたいだろう、と思うのだが、チケットを使うのは、官公庁と会社となっている。日本海側の地方の県での出来事だから、多分官公庁がほとんどかな?
官公庁の人達は自分で払うわけじゃないから、タクシー代の高い安いは気にしない、のかもしれない。

その2 特定の公共工事にある工法を採用している会社が集まって「部会」を作り、部会員は、その工法のための機械を部会員以外に譲渡しない、販売している会社は部会に所属している会社以外に機械を販売しないとの取り決めをしたというもの。
その工法ができる以前は別の工法で工事がなされていて、もともとの工法でも工事ができるのだから、問題がないような気もする。
新しい工法が有用であることをその工法を採用した会社は、役所に説明して回り、納得してもらって発注してもらうという努力を重ねてきて、ようやくその工法が役所に広く受け入れられるようになったのではないのか、そうすると、部会に所属せず、広報の努力をせずに、機械を購入して役所から仕事の発注を受けようとする業者を阻止しようとするのには理由があるのではないかとの問題提起がN先生からなされる。

知財の勉強会では、どうして知識が独占できるのか、がいつも疑問だったが、独占禁止法の研究会では、どうして努力して得た地位を分け与えないといけないのか、がざらざらとした感触として残る。
「不当」とか「公平」ってむつかしい。


|

« 片山元鳥取県知事 | Main | カタカナ語を理解する偉い人たち »

独占禁止法」カテゴリの記事

Comments

I'm extremely pleased to uncover this website. I wanted to thank you for ones time just for this fantastic read!! I definitely enjoyed every bit of it and i also have you book marked to see new things in your site.

Posted by: removalists sydney to melbourne | 2015.06.15 at 02:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 片山元鳥取県知事 | Main | カタカナ語を理解する偉い人たち »