« May 2008 | Main | July 2008 »

行政活動に対する環境訴訟(山村先生講演)

晴れ。夏がすぐそこまで近づいていることを感じさせる陽差し。

「行政活動に対する環境訴訟」(山村恒年先生)
それほど期待せずに出かけたのだが、妙に面白かった。
レジュメの文字は細かいし、地味そうな内容だし、話し方にも派手さはないが、聞き始めると面白い。

行政法が司法試験の必修科目になる以前に合格した裁判官は、行政法を選択していない人が多く、行政訴訟が行政の行為の適法性を争うものであることを理解せず、民事訴訟と同様に扱おうとするから、「効果」の発生を訴訟の要件にしてしまうのだ、に始まり、公害規制行為に対する訴訟には、規制された企業から争う場合と規制がないことについて住民が争う場合とがあるが、日本ではアメリカに比べて企業が争うことが少ない。どうしてか?政治家に話をした方が早いから、などと、そういうことをさらって言ってよいのか、と聞いている方が悩んでしまいそうなことがずばずば出てくる。

原告的確。
合衆国の原告的確の広さを例えて、合衆国なら、北海道の環境保護団体が以前からやんばるの森の保護活動をしていれば、その団体がやんばるの森の保護の訴訟について原告的確がある。
合衆国では「現実的な損害」があれば的確は認められる。
この場合の損害は、それまでに保護活動に要した飛行機代である。

やんばるの森を切って、そこに金になる木を植える計画を知事がたてた。
日弁連で調査に行くと、地元の人は、こんな木は金にはならない、と言っている。
それならどうしてやんばるの森を切って役にもたたない木を植えるのか?

通常の国の補助金は3分の1だが、沖縄は全額補助で事業ができる。何かをしさえすれば、地元に金が入る。
木を売って金にするのではなく、役にたたない木を植えること自体が金になる。
沖縄がどんどん開発される理由。

ちなみに、やんばるの森訴訟は、沖縄の弁護士ではなく、大阪の弁護団が活動した。
どうしてか?
開発をしようとしたのが革新系の知事で、沖縄の革新系の弁護士はその知事を選挙で応援していたから。

日光太郎杉事件。
4300万円から13億5100万円までの幅広い工事案が提案されている。工事期間も6カ月から3年とさまざま。
裁判所が採択したのは、一番安い4300万円6カ月案ではなく、次に安い2億2000万円2年案。
どうしてか?
日光太郎杉の価値は2億円を超える。4300万円案は太郎杉を15本伐採するが、2億2000万円案は一本も切らずにすむから。

淀川水域ダムにかかる費用は、国土交通省が計算すると随分少ない。
どうしてか?
これまで10年間に使用した用地買収とダム工事のための道路建設費をダムにかかる費用として計上していないから。

次々に面白い話が飛び出してくる。
ここで質問。
景観の価値ってどうやって金銭評価するのですか?

答え。
浜辺の価値の場合、その海岸に遊びに来る人にランダムに、ここを残すとしたらいくら払うか、アンケートをとる。各自3万円とか、1万円とか答えるので、その平均値をとる。その浜辺に年間に訪れる人の数に平均値をかける。
計算方法の一例だそうだ。

行政法も環境法もむつかしそうだと思っていたのだが、手練れの手にかかると、こんなに面白い。
レジュメと一緒に先生のご著書を安く分けていただけるとの案内が入っていたので、事務所に戻って早速注文する。

| | Comments (0)

23条小委員会

曇り。雨の確率70%・・・?雨はどこに行っちゃったんだろう?

23条小委員会。権威ばった司法委員会の中の小委員会で、私が登録以来、ここの歴代委員長はばりばりの論客ぞろいだ。
で、今年の委員長は誰だったっけと案内状(呼出状?)を見るとO先生。協同組合にK先生はいらっしゃるが、その他の委員会で女性の委員長というのは初めて見る。
そういえば、数年前、次の次はO先生、という話を聞いたっけ。

昨年1年間はずるずると欠席してしまっていたので心機一転(少し遅刻気味だが)委員会に出かけると、既に議論が白熱している。
そっとあいている椅子に滑り込んで、話の内容から、議題のどのあたりをとりあげているのか推測に努める。
周囲の様子を窺うと、知らない若い女性が一人加わって議事録係をしている以外には、おなじみのメンバーだ。
それにしても議事進行のスピードが速い、そして委員会の雰囲気は前にもまして明るい。これだけ白熱した議論の合間に茶々を入れたり、頻繁に笑いが起きたりする和気藹々の委員会も珍しい。
以前からこの委員会はよく議論し、メンバーは仲がよかったのだが、今年の雰囲気はそれに輪をかけたみたいで、委員長の決断の早さと性格の明るさによるところがあるようだ。

たくましいO委員長のもと、今年の23条小委員会のスピード感には期待できる。回答拒否団体との対決(対話)も見所の一つになるだろう。

| | Comments (0)

委員会のはしご

曇り。涼しい。

家事審理協議会では、今年も模擬家事調停修習を実施する予定。
昨年調停委員役で参加したときには、相調停委員役のF先生の熱演に圧倒された。(その後F先生は「劇団ひまわり」の主力メンバーと判明。劇団への参加を打診されたけれど、演劇は今までに一度もしたことがない。)
それに比べて代理人弁護士役の修習の皆さんがおとなしく、すぐに調停をまとめたがっている調停委員の言うことを聞いてしまうので、こんなことでは後で依頼者から不満をぶつけられて立ち往生になるのでは、と余計な心配をしてしまった。

今年も模擬調停参加予定。今年は何の役が当たるかな。
代理人弁護士役は、依頼者から聴き取りをするところから始まる。寡黙な依頼者が当たるか、饒舌に要領を得ない依頼者に当たるか、聞かれなくても重要情報を提供してくれる依頼者に当たるかは運次第。
代理人役の修習生の皆様は、親切そうな口ぶりでひたすら調停をまとめる方向に誘導しようとする「調停委員」の口車に乗ると、後で「依頼者」から怒鳴られるかもしれないから注意してね。

その他座長のK先生から子の引き渡しに関するハーグ条約の日本の対応の現状についての簡単な説明を受ける。
母が別居時に子を連れて出るのは拉致という認識で、国際結婚で激しい問題となっているとのこと。
日本人の母は子を当然のように連れて出るけど、欧米人の母は置いて出るらしい。
あまりに幼い子を置いて出ると、遺棄にならないかと心配してしまう。
子が高校生くらいになると、母に一人で出て行ってね、生活があるからついて行かない、ということになるが、その中間くらいの年齢が微妙なところか。
子にも生活があるもんなあ。

協議会が4時に終わり、一旦事務所に戻って4時半からは近弁連の税務委員会で税理士会との研究会の打ち合わせ。
テレビ会議システム室で打ち合わせとあったので、設備見たさに弁護士会館へ出かける・・・・が指定された部屋が見つからない。
事務職員に尋ねるとこんな場所があったのかという所に案内される。
会社法がらみの問題は当然のように大阪のA先生の担当となり、他のみんなもMLで議論に参加してサポートしようね、という(安直な?)決定がなされて終了。

| | Comments (0)

久しぶりの広報委員会

曇り。予報ほど気温は上がらなかったと思う。
ネットのニュースによると法務省の職員がタクシーの運転手からビールや米をもらっていたとの報道。
米って生のお米のこと?
タクシーに乗るとお米を渡してくれるの?
冷えたビールなら思わず手が出てしまうという人もいるかもしれないけれど、タクシーに乗ってお米を渡されたらびっくりすると思う。
もし私がとんでもなくニュースを読み間違っていたらどうしよう・・・・・。

久しぶりに広報委員会(単に私がしばらくさぼっていただけで委員会はちゃんと活動していました)。
ロビーコンサートの予算がついているので開催するとのこと。
ロビーコンサートの当初の目的は弁護士会館に多くの人に足を運んでもらい、場所を覚えてもらい、何かあったときには弁護士に相談するということを思いついてもらうためだったような気がする。
だけど3年目にもなると誰もそんなことは言わない。
コンサートの担当者が決まって、演奏者の選定やギャラや日時の設定などが話題となっている。
広報は、と質問すると、裁判所で広報したらどうだろうか、というお答え。裁判所の皆様がお昼休みにロビーコンサートでリフレッシュしてくださるのは喜ばしいことだけれど、できればもう少し広い範囲に広報したい。

今年の会長は広報に力を入れると担当副会長が仰っているが、昨日の記者クラブ懇談会での理事者の発表はちょっと期待はずれ。期待が大きすぎたのかもしれない。テーマが当番弁護士の予算で、刑事関係にお強く、国選の弁護士費用についてもおおいに一言おありの会長だから、きっと威勢のよい発表をなさるだろうと思ったんだけどなあ。
毎年思うんだけど、単年度制で会長も副会長も1年で入れ替わるため、弁護士会は司法記者クラブに代表されるマスコミの皆様とのコミュニケーションの仕方が上達しない。

| | Comments (0)

信託法研究会(従業員持株会)

曇り。ときどき雨。植物がすくすくと育ち、公園に可憐な、または、色鮮やかな花が咲いているのを見ると、梅雨もよいものだなと思う。
子どものころ、この季節はウシガエルが賑やかに合唱していたものだが、公園の溜池の護岸工事をしたらみごとに1匹もいなくなった。

信託法研究会。テーマは従業員持株制度と信託。
従業員持株制度は以前からあったのだが、それと信託を組み合わせるとどうなるのか、というお話。
メリットは、株価の安定。長期的なそれではなく、短期的な安定。で、どういうことかと言うと、それほど流通量が多くない上場企業で従業員持ち株制度をすると、毎月持株会が購入する直前になると株価が高騰し、その後下落するということを繰り返し、持株会は必ず高値で株を購入することになっていたのが、信託を用いて、最初に借入金でまとめ買いをし、毎月返済すれば、高値で購入することはない、とのこと。
まとめ買いをすることが知れたら(というか広報する必要があるだろうけど)、すごく株価は高騰するのじゃないか、という疑問はこの際ちょっと置いておく。

株価が上がるか下がるか将来の予測はできない。最初の借り入れは会社が補償(または保証)をする仕組み(そうでないと金融機関は貸してくれない)だから、株価が下がったとき(会社の業績悪化時)に取締役が善管注意義務を問われないか、という問題がある。

最初の借入金は新株発行の対価として会社に支払われているのだから、最初にもらいすぎた分を後から返すだけ、という話や、会社が倒産するほど業績が悪化すれば、保証も補償もできないから善管注意義務に違反は問題にならないとか(大地震で建物が倒壊したときに手抜き工事が問題にならないのと似たようなものだろうか?)
、会社法と信託が交錯した領域での議論に興味が尽きない。

事前に善管注意義務違反にならない、ということの弁護士の意見書が必要とのことだが、この仕組みを考案したのは証券会社側の弁護士で、その人の作成した意見書には、これは証券会社から見た善管注意義務についての意見だから、会社側には使用できない、との使用上の注意が記載してあるとのこと。
つまり、会社側として善管注意義務違反にならないとの意見書を書くのはなかなか大変で、あぶないからやめておけ、という理由はいくらでもあるが、それでも制度に意味はあるからなんとかしたい、という場合にどうするのか、という問題らしい。
実際に意見書を書いていらっしゃる先生が考案されたアイデアを聞いて、なるほど、と感心しているとあっという間に時間が経ち、研究会はお開きに。

金融機関と証券会社が組んでこの制度を推進しているとのこと。なるほど金融機関は確実な融資をして金利が入るし、証券会社は新株の発行やら売買やらで手数料が入るし。

| | Comments (0)

たぶんネコぼけ

曇り。来週半ばまでずっと雨かと思っていたけれど、出勤時には降っていなかった。ともあれ朝方の雨で植物たちはうれしそうだ。

アマゾンに注文していた岩合さんの「そっとネコぼけ」が届く(「ちょっとネコぼけ」の続編。タイトルが、また、いいよなあ。)。仕事が終わってから、と理性は告げるが、ちょっとだけ、とページをくると、・・・・・どのページも感嘆詞がこぼれるようなネコの写真。WWFのカレンダーの今月のトラもすごい迫力だけど(顔をあげるとトラと目があってしまう)、世界各地のネコの写真もすごい。だいたい道で出合うネコって一瞬で視界から消えるんだけど。どうやったらこんな写真がとれるのだろう。

一緒に注文した佐々氏の「危機管理最前線」の文庫本も届くが、こちらの表紙は不愉快な隣国の「将軍様」とやっぱり不愉快な日本の元総理達の写真なので、とりあえず裏返しにして置いておくことにする。

昨日は、会派若手会総会。世話人の一人となってあらためて思うけど、組織というのはお客様で乗っかっているより活動に参加している方が断然面白い。
とはいえ、世話人が自分たちばかりで楽しんでいる風情はちょっと鼻につくと思うので、裏方でごそごそ働いているくらいでちょうどよいくらいだと思う。

| | Comments (0)

信託法学会(関学木村仁先生の報告)

曇り。梅雨とのことだが、曇っていることが多く、あまり雨は多くないらしい。

信託法学会。
時間制限のせいか、早口言葉大会の会場に迷い込んだのかと感心するような報告が続く中、関学の木村先生のご報告は出色。
「委託者の意思と信託の変更について」。

信託法の解説書を読むと当然のごとく書かれていた永久拘束の禁止が、なんと本家のアメリカでは当然ではなくなっているとの衝撃(私にとっては。もしかしたら皆様既にご存じなのだろうか?)の報告。

永久拘束が禁止されているのは、財産の市場流通性の確保及び死者の意思が死後も長く財産を拘束するのは不合理だという理由だったのだが、当然のことながら流通性がなくて困るのも不合理と感じるのも委託者ではなく受益者または後世の人々である(委託者が不合理だと思えばそんな信託を設定しない。)。
ということは、永久拘束禁止則(権利設定時に生存している者の死後21年以内に確定的権利となることが確実であるもの以外は設定当初より無効)を緩めると、永久拘束禁止則が邪魔だと考えていた委託者がその州で信託を設定することになる。つまり、その州に信託契約と信託財産が流れてくることになる。
それを当て込んで禁止則を廃止、緩和する州が続々と・・ということで、受託者に信託財産の処分権があることを条件にする州、不動産に限定する州、期間を延長する州から何等条件を付さずに完全に永久禁止則を廃しする州まで、各種ニーズに応じたメニュー取り揃えという状況とのこと。

だけど、不都合があるからこそ長年の実務の積み重ねで永久拘束禁止原則が出来てきたのだから、目先の経済のために原則を取り払ってしまうとやっぱり困ったことが起きないのか、が心配になる。
そこは、必要は発明の母というのか、信託変更のルールが形成されることになる。
一度決めたら変更できないから永久拘束が禁止されていたのだから、永久拘束をしてよいとなるとその不都合は信託内容の変更で対応しよう、ということらしい。
現実的な解決だが、法律がこんなにご都合主義的、場当たり的でよいのか、という気もする。
その変更ルールがまたいくつもの考え方があって面白い。
重要な目的か否かで判断するもの、変更理由と信託目的の比較衡量とするもの、委託者が知っていた受益者がすべて死亡した場合とするもの、委託者が予期していなかった事情を要件とするもの、予期していた事情との要件を不要とするもの等々。

変更が可能だとなると、忠実義務を負う受託者は変更申立義務を負っているのか、が次の問題として生じることになる。

次々にあっと驚く情報に触れ、わくわくするような報告でした。
こういう報告がせめてあと1つあると、よい学会だった、という印象になるのだけど、なあ。


| | Comments (0)

カタカナ語を理解する偉い人たち

晴れ。梅雨の合間。

朝刊に参院で問責決議と書いてあると思ったら、ネットの記事では衆院で信任決議案可決へとのこと。
一体これにどんな意味があるのだろう。国会で税金を使って無駄なことをしないでほしいなあ。
本当に自分たちが国民の民意を代表していると思っているなら、解散総選挙をしたらどうなんだろう。選挙になったら落選すると思っているから信任決議をしているとしたら、国民に対する背任もいいところだと思う。

委員会でパブコメ担当になったら、会から毎日複数のパブコメの案内が届けられる。その中から所属委員会に関係するものかどうかより分けるのが仕事なのだが、タイトルを見ただけでは何のことかわからないのがある。

「重点計画2008」って何なんだ。どうしてこんなタイトルつけるの?
内容を見ると「ロードマップ云々」という記載がある。
「ロードマップ」って?「道路地図」のこと?それとも、お役人様が民衆を導くために作ってくださるありがたい道のことを謙虚にカタカナ語にしておっしゃっているのだろうか。

その次のは「コロケーションルール・・・」。ミスタイプかと思ったけど、元をたどると確かに「コロケーションルール・・・・」となっている・・・・・。

私の日本語能力ではお役人様の書いた文章の内容以前にそのタイトルさえ理解できないということか。
これを理解して法律を作っていらっしゃる国会議員の先生方がとても勉強熱心で立派な人たちに思えてきた。

その勉強熱心で立派な先生方が、問責決議と信任決議の出しっこをして税金を使っていらっしゃるのか・・・。

いや、この際国会も選挙もどうでもいいから、私の仕事を増やす意味不明のタイトルをつけるのはやめてほしいだけなんだけど。


| | Comments (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »