« 行政活動に対する環境訴訟(山村先生講演) | Main | 近畿税理士会との研究会(会社分割、株式譲渡) »

IPO研究会(売れ筋保険)

晴れ。もしかしたら梅雨は終わってしまったのだろうか?

IPO研究会。「上場会社向け売れ筋損害保険商品とその開発の流れ」について保険会社の方からレクチャー。

会社役員賠償責任保険。
これは受験生だったころから保険料を会社が負担してもよいのかという論点があったので知っている。
おそろしいことに「J-SOX法」というマジックワードが販促になるらしい。
新しい義務ができると、新しいミスが生じる可能性があり、新しい賠償責任が発生する可能性があると保険の出番。風が吹けば・・・・を連想してしまう。

ディスクロージャー賠償責任保険。
?一瞬何のことかと思ってしまった。金融商品取引法上の義務に関する保険。

敵対的買収対応費用保険(特約)。
?そんなもの保険でカバーしてよいのか?現経営陣の保身のための費用だったりしたら、どうするのだ、と思ったけど、現経営陣が保身のために費用を湯水のごとく使って、その分会社が損失を被ると困るから、かけておく保険なんだな、と納得(納得してよいのか?保身のために使用したとわかったら、経営陣に損害賠償請求をすべきでは?しかし、勝てば官軍というか、そう判断されるのは防衛に失敗したときだけだろう。防衛に成功したときには、敵対的TOBが会社の価値を毀損するものであるとされるはず。)。なお、支払われる保険金には上限があるとのこと。

ファンド運営事業者向け責任保険。かなり高額の商品らしいので、ファンドの配当に影響するのではとの心配に対し、ファンドは保険料を負担しないとのこと。
そうなると、会社が取締役の保険料を負担することが再度気になってくるが、会社も報酬の上乗せという形にすれば、取締役が保険料を負担することになるからあまり違わない・・・かな?

個人情報漏洩保険も法律ができ、義務ができれば、の口だろう。
業務過誤賠償責任保険。建築確認検査機関向けの商品もあるとのこと。

リスクがあるところ保険あり、というか、保険ってたくましいなあ。

|

« 行政活動に対する環境訴訟(山村先生講演) | Main | 近畿税理士会との研究会(会社分割、株式譲渡) »

「会社法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 行政活動に対する環境訴訟(山村先生講演) | Main | 近畿税理士会との研究会(会社分割、株式譲渡) »