« 朝のひかりを待てるから(アンジェラ・ジョンソン作 池上小湖訳) | Main | 地球温暖化対策の基礎(日弁連研修) »

夜鳴鶯

台風は大阪をはずれたらしい。夕方から晴れ。

弁護士会館で死亡時医学検索に関する講演があったので聞きに行った。
諸外国の例や実際の事件を例にあげての講演で心配していたよりわかりやすかった。
講師は千葉大学の先生とジャーナリストのお二人。
日本で既にサーズによる死亡例が発生したが、警察がめんどくさがったので、日本ではサーズはまだないことになっている、感染が人知れず広がっているかもしれない、などと恐ろしいことも仰る。
お二人があげる実例の中には、状況から見て警察が事件と思わなかったのはどうしてだろう、というものと、おそらく事件性はなく事故だろうと思われるものが混じっている。

おそらく事故だろうと思えるものにしたって、死亡時医学検索をして死因をはっきりさせれば、ご遺族もなっとくなさるだろうに、とは思う。
しかし、そのために数十万円の費用がかかる。これを税金でまかなうべきか、という問題が生じる。
会場からは、個人的に解剖を依頼することはできないのか、との質問がでるが、それをすると国が責任をすべて個人に転嫁してしまうので、したくない、とのこと。

どうして警察が事件と思わなかったのだろうかと事案について考えていたら、もしかしたら警察も事件だと思ったけど、捜査がむつかしそうだったので、どうせ犯人を見つけられないなら、最初から事件ではく事故にしておこうと思ったのではないかと思えてきた。
この件は警察が動かなかったので大阪の弁護士がチームを組んで状況を調査し、ようやく被疑者不祥で告訴をしたが、結局警察は犯人を見つけられなかったとのこと(状況からして事件だとすると犯人は10名くらいにしぼられるはずなんだけど)。
事件として認識すると、仕事が増えるうえに未解決の事件の割合が増え、警察にとってはよいことが全くない、
結果的に犯人がわからないなら最初から事故にしてしまおう、というのも実務的なセンスかもしれない。
警察官の給料は税金だし。

こんなことを考えながら、海堂さんのナイチンゲールの沈黙を読んでいると、ちゃんと私の疑問に対する答えが書いてあった。

一線を越えてしまった者は犯行がばれなかったことで、歯止めがなくなる。

なるほど死亡時医学検索で事実を明らかにするのは、同様の犯行が繰り返されないため、という意味もあるのか。
しかし、警察は嫌がるだろう、と思っていたら、その答えもちゃんと書いてあった。

白鳥さんが厚生労働省でAiを推進しようとしているのを知った法務省と警察庁が手を組んで、霞が関内第一種警戒警報が発令された・・・・。
海堂さんは、死亡時医学検索を普及させると警察が大迷惑を被るから、このくらいのリアクションがあるだろうと予想していらっしゃるのか。

ナイチンゲールの沈黙の読者の評価はバチスタほど評価は高くない。
ミステリとしてどうか、ということらしい。
だけど看護師と夜鳴鶯をかけたタイトルもいいし(どちらの沈黙でも意味が通るところがなおよい)、何より田口ファンとしては、バチスタよりナイチンゲールの方が田口先生らしくていい。バチスタでは、前半は外科のハイテンションに巻き込まれていて、後半は白鳥さんのペースに巻き込まれているから、田口先生の持ち味が十分に発揮できていない気がする。
その点ナイチンゲールでは、田口先生の本拠地の愚痴外来がメインで出てくるし、ここだと患者に振り回されているように見えても田口先生が根無し草にはならない。
ところで、ハイパーマンシリーズって、田口先生の反応は十分笑えるけど、まさか実際に放映されてなんて・・・ないよね?


|

« 朝のひかりを待てるから(アンジェラ・ジョンソン作 池上小湖訳) | Main | 地球温暖化対策の基礎(日弁連研修) »

講演」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 朝のひかりを待てるから(アンジェラ・ジョンソン作 池上小湖訳) | Main | 地球温暖化対策の基礎(日弁連研修) »