« 夜鳴鶯 | Main | 老人大学講演会 »

地球温暖化対策の基礎(日弁連研修)

やや曇り。一昨日は暖かい風と冷たい風が混じっていて、昨日は雷雨。そして今日は肌寒い。

日弁連研修、地球温暖化対策の基礎と弁護士の役割。
出席者がとても少ない。
温暖化と法律の関わりが排出権の証券化でしかないならば、およそ金銭評価できるものならどんなものでも分割して売りさばく一部の弁護士にしか関係しない話題、ということなのだろうか。

主催者もこのあたりには配慮したと見え、①販促材料としてカーボンオフセット年賀葉書と同様の取り組みをしたいと相談を受けたとき、②省エネ法の対象となっているビルのオーナーからビルが老朽化していてどのように対応してよいかわからないと相談を受けたとき、③家庭用太陽光発電を導入しようと思っているが余剰電力の売却や先行投資の回収についてどのような制度があるのかと相談を受けたとき、④温暖化対策に取り組んでいる弁護士事務所の事例が知りたい、の4つのテーマを設定していた。

聞いていてなんとなくわかったのは、カーボンオフセット商品というのは、実効性というより、啓蒙活動に近いものでしかないこと、家庭用太陽光発電は数年すれば価格が下がると政府が公報するから余計に普及しないということ、省エネ法は二酸化炭素削減とは無関係であること等々。
地球規模の災害に対して闘いを挑むのは、単騎風車相手に闘いを挑むよりもなお絶望的であるのに、何もしなければ取り返しのつかない事態に向かってまっすぐに進んで行く。まるで滝壺に向かって流されて行く小舟に乗っているみたい。

温暖化対策を事務所の取り組みの実例を聞いてさらにがっかりする。
電気の回線を複数に分けて不要な電気を消す、事務所のゴミを減らす・・・・・当然のこととして、事務所設立以来実行している。ファックス機をぺーバーレスのものに変更する、というのは先日業者さんから勧められたけど実行しなかった。十分使える大型ファックス機を買い換えたらゴミを増やすだけじゃないの?
これで、前年度比何%二酸化炭素搬出量削減という目標数字を出せと言われても、既にできるだけのことはしているから、これ以上は・・・・と考えて、これでは日本が世界に対してしている言い訳と同じじゃない、と思う。
しかし実際に家庭の二酸化炭素排出量データを見ても、我が国が温帯(というよりもはや亜熱帯か?)に所属していることもあってか、日本の家庭は欧米のご家庭に比べてつつましい電力消費量である(バブルのころアメリカの恫喝に負けて大型冷蔵庫の入るマンションなんて政府が推奨しなかったのは賢かった。当時は中曽根さんだったけど、もし小泉さんだったらあのノリでやっちゃったかも。)。
日記を書くためにパソコンのキーボードをたたくなんていうのも不必要に二酸化炭素を排出させているようで、なんだか申し訳ない気がする。
うちの事務所で二酸化炭素排出量削減となると、まず日記の閉鎖から・・・かなあ。

|

« 夜鳴鶯 | Main | 老人大学講演会 »

研修」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 夜鳴鶯 | Main | 老人大学講演会 »