« 求人広告を装った資格商法(お花の講師のアシスタント) | Main | 司法支援センターって機能しているの? »

月刊大阪弁護士会9月号

晴れ。昨夜の雨からお天気は回復中。

仕事を順に片付けているうちようやく多重に積み重なっていた机の上の一部が解放された。それで、目の前の書類の山がふと気になり、一体何が積み上がっているのだろうと見ると、レターケースの配布物がほとんど。で一番古いものが9月末ころのもの。研修の案内などとっくに日が過ぎているものもある。大半は新人採用の案内と書籍の広告だけど。
と思っていたら、月刊大阪弁護士会の9月号まで出てきた。裏表紙は大運動会の広報・・・。

記事をぱらばら見ていたら、大阪弁護士会市民会議の報告。テーマは対外広報の現状の今後の方策。市民の皆様のお知恵を借りようということなんだろうな。委員の皆様のご意見を見ても特に目新しいものはないけど、「マスコットキャラクターを作る」というのに反対というとても常識的なご意見が複数あり、安堵する。

熱心に読んでしまったのは第58回民事裁判改善に関する懇談会。テーマは和解。出席者は匿名の複数の地裁の裁判官と複数の弁護士。
「紛争が和解で円満に解決する」ということに反対する人はいないと思う。宮沢賢治だって、(訴訟は)つまらないからやめろ、と言うことにしているくらいだもの。
さて、総論は賛成でも各論は、となるから議論が始まる。しかも裁判官と弁護士というスタンスの違う人達が論争をしているからさらにことはややこしくなる。そして裁判官の中でも「地裁の」裁判官という立場が鮮明に出ている。
裁判官からすれば、和解に時間をとるより判決をした方が時間の節約になるし、紛争の解決も早い、が弁護士からすれば控訴審を考えたら一審で和解をした方が全体の解決が早い。と要約するときっと裁判所からは要約が間違っている、自分たちは和解のために努力をしている、という反論が来るだろうな、という懇談内容。
相互に相手のコミュニケーション能力を批判したり、和解できないことの責任を相手の中に見つけたりしたところで、改善方向に向かうのだろうか。
この段落の冒頭に「読んでしまった」と書いたのは、読後に徒労感しか残らなかったためだが、58回もこの懇談会を継続している出席者の皆様の忍耐強さは本当に尊敬に価するし、見習うべきだとは思う。
馬を水飲み場へ連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない。それでも馬を水飲み場まで連れて行く・・・。

|

« 求人広告を装った資格商法(お花の講師のアシスタント) | Main | 司法支援センターって機能しているの? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

"突然のコメントにて失礼致します。

この度、「ロイヤーズプロフネット」というウェブサイトを立ち上げました。
当サイトは、色々な悩みを抱える一般ユーザーの方々が弁護士の皆様をネット上で検索し、「弁護士に直接連絡し相談して頂く」というコンセプトのもと立ち上げた弁護士プロフィール検索サイトです。
登録料・利用料等は一切無料です。
http://www.lawyer-prof.net/lawyer_howto.php

また、当サイトは只の弁護士プロフィール検索サイトではなく、カテゴリー別のコミュニティサイトを同時に立ち上げ、そのサイトと連動させることにより、悩みを抱えたユーザーが、より弁護士の皆様にアクションをおこしやすい環境をととのえております。
今後は違うカテゴリーのコミュニティーサイトも続々と立ち上げていく予定となっておりますので、弁護士の皆様には当サイトを「営業ツール」としてご利用いただければ幸いです。

さらに詳しい内容をお知りになりたい方は、ご説明にお伺い致しますので、下記のメールアドレスよりご連絡ください。
toiawase@lawyer-prof.net

なにぶん、立ち上げたばかりのウェブサイトではありますが、今後とも「ロイヤーズプロフネット」を宜しくお願い申し上げます。

最後に、貴重なスペースをありがとうございました。
もし不適切な書き込みでしたら、お手数ですが削除をお願い申し上げます。"

Posted by: ロイヤーズプロフネット運営事務局 営業担当 鹿間 | 2008.11.07 at 06:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 求人広告を装った資格商法(お花の講師のアシスタント) | Main | 司法支援センターって機能しているの? »