« December 2008 | Main | April 2009 »

銀行に預金者に対する取り引き明細開示義務(最判平成21年1月22日)

曇り。明日からは寒くなると言うけれど。

預金者の相続人は、銀行に対して取り引き履歴を請求できるとする最高裁判決。

この前段階として、預金者は銀行に対して自己の預金の履歴を請求できるか、というのが問題になる。
というか、こんな馬鹿なことが問題になるはずがない、と思うのだが、東京地裁で、銀行は預金者に対して履歴の開示義務がない、という判決が平成14年にあった。

この判決では、契約書に取り引き明細を開示するとは書いていない、銀行と預金者の関係は民法の消費寄託だが、民法の消費寄託に関する条文にも明細の開示の規定はない、原告は預金が多種多様な用途に用いられ、銀行は手数料収入を得ている実情があるから開示しろと言うが、どうしてその実情があれば開示しなければならないのかわからない、と書いてある。

この判決を読んだときに、この裁判官はきっと給料は手渡しで受け取り、勉強に忙しくて預金なんてする暇がなく、銀行に行ったこともないのだろう、と思った。

翌平成15年に同じ東京地裁で、預金者は銀行に対して取り引き明細の開示請求をする権利があるか、が再び論点となり、丁寧な理由付けと共に、権利あり、とする判決が現れる。
普通に銀行を利用している者から見れば、ごく当たり前のことのように思えるのだけれど、その前年に権利なしの判決があるから、丁寧な理由がつけられたのだろう。

そして、今回の最高裁判決でこの論点は決着がついた。
というわけで、画期的な判決。

最初の権利なし判決がなければ、こんなにきらきらした判決に見えないだろうから、そういう意味では、権利なし判決も意味があるかも・・・・ではなく、その判決の原告は当然の権利を裁判所に踏みにじられたわけで、なんて迷惑な話だと私は憤りを感じるのだけれど。


| | Comments (0)

街に氷雨は降るけれど

午後から雨。寒い。

某市役所法律相談。漉し取ったかのような難問が並ぶものだと感心する。
自動車を他人に譲渡したら相手が名義を変更せずに乗り回しているがどうしたらよいか、などというのは多くの弁護士が参加している某MLでもときどき話題になり、決め手となる解決がなさそうな問題。
値段を確認せずに不動産関係の仕事を依頼したら、びっくりするような金額の請求書が来た、というのを聞くとどうしたものか、と思う。いくつか方法はあるが、多分最も安上がりで安全なのは、大阪簡裁の調停に持ち込むこと。大阪簡裁には様々な分野のプロが調停委員をしている。
予想される裁判の進行について高齢の相談者に一所懸命説明していたら、ええ女やね、と一言。
説明が気に入っていただけたのだろうか??

少し早めに終わったら、市役所の相談担当者が六法を持って来て、相続放棄について市民から相談があったけれど、民法915条の「相続開始があったことを知ったとき」、というのは「多額の負債があったとき」と読み替えるというのは本当か、という質問。
そういう判決があったような記憶はあるが、一般化して読替という話は聞いたことがない。救済的な判決だったのでは?
そういう説明をして実務的な解決方法について話をしていたら、他の職員の方達も参加してこられた。
一通り説明が終わると、最初に六法を持って質問に来られた方が、ちょっとはにかんだような笑顔で、具体的な事案を聞いてから条文を読むとよくわかるし条文が興味深い、と仰った。
ふと、学部長が、法律は大人の学問だと仰っていたのを思い出した。
法律が好き、条文が興味深い、と言う人と出会うと、なんだか嬉しくなる。


| | Comments (0)

人は手を携えて温暖化と闘うのではなかったのか

晴れ。今年最初の出勤日。
お正月は寒かったが、今日から少し気温が上がるらしい。

今年はどんな年になるのかなあ、と思うと、昨日テレビのニュースで見たガザ地区への地上軍侵攻が浮かび、ついでインドネシアでの大きな地震のニュースが浮かび、どうしようもない気持ちになってくる。

あまり世間のことを考えないようにして、会のパブコメ担当職員から届いたメールを見ると、今日は厚生労働省関係が多い。
内定取り消しをした会社名の公表基準について?

厚生労働省が一所懸命に何かをしていることはわかるけど、これに何の意味があるのだろう。
この会社から内定もらっても危ないよ、とか?
会社だって採用したくて採用通知を出していたのだから、取り消したくて内定取り消しをしているわけじゃないと思う。
だから会社名を公表されたくないから内定取り消しをしない、というような問題じゃないのでは?
お役人様の考えていることはよくわからない。

早く正社員になどというニュースの見出しを見ると、それじゃあ今まで派遣労働を推進していたのは何だったの、と思う。
誰がこの国の労働形態をこんなにしたの?
正月返上して働いてましたってポーズを見るくらいなら、何もしてくれない方がましかも。


| | Comments (0)

« December 2008 | Main | April 2009 »