« 4月15日遺言の日のイベントが弁護士会館で開催されます | Main | 政治的に正しい色? »

家族法改正PT

晴れ。桜は満開。空の色は物憂げ。

家族法改正PT。
木内先生を座長とするPTだが、少人数制の家族法ゼミみたいな雰囲気。
あるべき制度についてわいわい議論をしているが、私みたいな保守から前衛まで各種取り揃えてメンバーを招集しているのは木内先生の懐の深さなのだろう。

昨日のテーマは「離婚そのものの慰謝料」は(法律ではなく)文学的表現か?
離婚の慰謝料なんてどうせ上限300万円程度なんだから、そんなことですったもんだするのはやめて離婚後の扶養制度に代えてしまえば、という案の検討。
メンバーからはそんな制度を作ると結婚する人はいなくなるのでは、という声。
実際同種の制度のあるフランスでは結婚する人は減っているとか。

カソリックの国で離婚が認められていなかったころ、危なくて結婚する人が少なかったというのを思い出す。離婚はできるけれど、離婚後も扶養せよ、というのでは離婚できないのとあまり違わない、と言うと、周囲からそんなことはない、との声。
それならいっそイスラム法みたいに結婚する前に相当額を妻に渡して離婚時の給付金にするという制度の法がとりはぐれがないのでは?
結婚前に離婚時給付金(結納金?)も渡せない相手と結婚したのなら、離婚することになってから金をよこせと言ってもそもそも金がないし、無い袖は振れないと言うし。
とすると、離婚は金持ちの道楽・・・か?

ブレインストーミングとしても刺激的だし、家裁の実務の情報が飛び交うし、でお勧めのPT。

|

« 4月15日遺言の日のイベントが弁護士会館で開催されます | Main | 政治的に正しい色? »

家族法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 4月15日遺言の日のイベントが弁護士会館で開催されます | Main | 政治的に正しい色? »