« 政治的に正しい色? | Main | 白鳥流インフォームドコンセント(極北クレーマーバージョン) »

除斥期間排除(最高裁)

晴れ。肌寒い。

最高裁で除斥期間適用せずとのニュースを見て裁判所のHPで内容を確認する。
・・・本当に除斥期間(民法724条)を制限している・・。

ご遺族にとっては喜ばしい判決だと思う。
そして多分正しい判決だと思う。

でも判決文を見ていると胸の奥で何かが震える。
うれしいという感情ではない、と思う。
今まで、今までの悔しさは何だったんだ。
にべもなく門前払いをしてきた今までの判決は何だったんだ、という思いが胸の奥を冷たくする。
怒りは感じないけれど、今まで除斥期間で蹴られてきた事案を思い出すと、請求者たちの気持ちを思うと、ただ、ただ悲しい。
したり顔にこれが公序だと最高裁を擁護してきた学者たちの顔が思い浮かぶ。

最初は平成2年の判決だった。
初めて事案を読んだときは涙が止まらなかった。
その判例研究会である教授がこれで戦争責任を追及する訴訟を断つつもりではないのか、と仰ったとき、まさか、と思った。
まさか裁判所がそんな政治的意図で判決をするだろうか、とそのときは思った。
目の前に苦しみ続けている人がいるというのに?

除斥期間をかいくぐって予防接種事件を救済した事案の調査官解説を読んだときは、僕って頭がいいでしょう、と紙の向こうに得意満面の顔を思い浮かべた。
これはいいけど他はだめ、という得意顔。
それを可能にした僕って頭いいでしょ、という顔。

さらに今回は予防接種事案をさらにひねくり回したみたいな難易度の高い技・・?

これが公序だと言った学者が改正案を提案し、改正案の期間は除斥期間ではなく時効だなどと仰るのを、公序はどこへ行ったのと皮肉な気分で眺めていたけど、改正案が判決に影響を幾分が及ぼしたのだろうか?
何年かすれば除斥期間なんて概念はなくなるので先取をしたとか?

喜ぶべきなのだろうか、悲しむべきなのだろうか、怒るべきなのだろうか。
この国はどんな国なんだ。
私たちは一体どこへ向かって進めば。


|

« 政治的に正しい色? | Main | 白鳥流インフォームドコンセント(極北クレーマーバージョン) »

判決」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 政治的に正しい色? | Main | 白鳥流インフォームドコンセント(極北クレーマーバージョン) »